バッテリーの電圧や、断線チェックなど自分でやりたい為です。 その結果も弱っていて、この冬に上がってしまう可能性があると言われました。 結論としては、装着前にはバッテリーのケースそのものが気持ち膨らんでいましたが、装着中は少し痩せていきましたから、蘇っていたようです。 洗濯機のコンセントのことにある、緑色のアース線です。 これで"13V"とか表示するはず。 やはり、日頃から自分なりに測定しておくことが、重要ですね。 自分としてはエンジンがかかりにくいとか、ライトが暗くなった等も感じていないので、悪くなった印象はないのですが DC12Vの電池の電圧測定は それから、質問者さんのように、単に無負荷での電圧を測ってもほとんど無意味です。バッテリー内部の電極上の活性物質はできるだけ広い面積で電解液と接するようにして、内部抵抗を出来るだけ小さくして十分な電力を供給できるような構造に設計されていますが、充電・放電を繰り返すうちに、この微細な構造が徐々に崩れていきます。そのため、実際に電解液と接触する面積が小さくなり、電池容量は徐々に小さくなっていくからです。この状態でも単に電圧を測ったのであれば、正常な値を島します。簡単な言い方をするともともとは単1電池の大きさの単一電池の容量の電池であったものが、使っているうちに、内部で実際に反応に関与する面積が減っていき、じつは単1電池の大きさの単3電池の容量しかなくなってしまうというようなことがおこるのです。この状態でも電流が小さな状態なら正常な電圧を示しますが、スターターモーターなどの大電流を必要とする危機を動かしたとたんに、容量不足で急激に電圧が落ちてしまい、スタートできないというような状況が起こるのです。 また、現在、搭載されているバッテリーは、”46B24L”ですが、 使用するに合わせて、内部抵抗が大きくなり、解放電圧は十分でも、大きな電流を取り出そうとすると電圧降下が大きくなり、使用に耐えなくなります(微弱電流で作動する機器には使用可能)。 ただ、車を売る前にはずしたら、1ヶ月もしないうちに、このバッテリーは死んだそうです。はずしたらサルフェーションが一気に進んだのか? という感じでしたね。 どうなるか、豆電球を直列にしたらどうなるか? など あなたにふさわしいかはわかりません)。, OFFの位置から反時計方向に3クリックして、DC.V 20Vのところに それから、断熱シートで囲うことで寿命が延びるとは知りませんでした。 商品名:[バッテリー再生『フレッシュ・キーパー』強力・再生装置(12V用)』 http://www.hi-grove.com/density&charging.html, バッテリーを買いました。初期充電によりどれくらい最大容量が  ありません。使用機器の供給電力を充分まかない、かつバッテリー充電電流が保持できる電圧が14Vです。 バッテリーは大丈夫ですね, テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか? H16 10月上旬にガソリンスタンドにてバッテリーチェック ただ、効果が実感できるのは、多分、数年後です。 乾電池の残量は目に見えないので、とってもわかりにくいですよね。 「携帯電話やパソコンのように残量表示があればいいのに」 なんて思っている方も多いはず。 今回は知っていると便利な、乾電池の残量を簡単に調べる方法をご … バイク用、というのは見かけません。 もし走行中、ダイナモでの発電量より多くの電流を消費すれば、走行中にバッテリーが上がってしまうと同時にダイナモの発電量では電流をまかなえないために、車が走行中にエンストしてしまい非常に危険です。 私の車(フィット)では34B17Lというサイズのバッテリーを搭載していますが、パワーアンプを乗せていて、もし買い換えるならばできるだけ大きい容量のものを、と思っています。そこで、34B17Lと38B17Lとかの、一番最初の数字が、容量だということを知りました。で、この容量が1上がるごとに、どの程度違いがあるのかをお聞きしたいんです。 amazonで「電気回路」で検索してみて下さい。 液量管理は必要なんで、注意が必要です。, オークションのはどうかわかりませんが、この種の装置はアメリカで発売されたのが10年以上前で、試してみたことがあります。 放電と充電の化学反応の化学式は.  結構です。バッテリーに充分充電しています。 交換の際、”B19L”に変えてもよいでしょうか?, 「バッテリーの寿命」に関するQ&A: iPhoneのバッテリーの寿命について iPhoneのバッテリーの寿命って、短いって本当ですか?ショ, 非常に丁寧で分かりやすい解説をいただき、ありがとうございます。 >適当な抵抗器を直列に接続・・・。 このときに、各セルでバラつきがあったり、規定よりも20%以上外れる場合は不良と考えていいでしょう。 かからなっかたりしますよね,バッテリーの劣化はどのように見極めするのでしようか http://www.autobacs.com/shop/g/g4905034006515/ T(20℃)=(比重計測値)+0.0007(計測温度-20)で計算できます。 その後も交換をせずに、日常使用していますが、問題ありません。 その車のダイナモの発電能力(充電能力)やセルモーターの消費電流、停車中の電気の使用電流の予定などを目安にバッテリーの容量が決まってくるもので一定の範囲(上限と下限)に収まる範囲のものを使うことになります。 ①バッテリークリップをターミナルに接続すると電源がonになります。 ②バッテリー形式などを選択します。 ③バッテリーテストを実行すると、バッテリーの劣化診断結果が表示されます。 また、断線チェックする場合のダイアルの位置も教えてください。 電極がサルフェーションのみで覆われたバッテリーはこれらのサルフェーション成分が電解液に戻ることで復活するようですが、電極が機械的に破壊されたものは、バッテリーそのものの寿命と考えていいみたいです。 バッテリーチェックを2回行ったところ、二回とも良好という結果でした。 車のカーバッテリーが上がって車のエンジンがかからなくなった経験のある人は多くいるのではないでしょうか。カーバッテリーやバッテリーが上がった時に便利なのがバッテリー充電器です。車のバッテリー上がりでも困らないカーバッテリー充電器を紹介します。 比重計は所持しておりません。電圧・電流・抵抗などを測る器機はあります。 現在使用中のバッテリーは、CCA値が新品時とほとんど変わらないので、バッテリー屋が不思議がっています。通常、半年も使うと新品時とは明らかな差が出ているとのことですが、 実際、いま測定したいと考えている乾電池は単3です。 なお、抵抗計で直にバッテリ内部抵抗を測定することはできません。 朝一回目の始動時の場合で、2回目からはもっと少なくなります。 よろしくお願いします。, こんばんわ、 寒冷時は一瞬500A近い電流を供給しないとエンジンは回り始めないの...続きを読む, 5月中旬頃、自家用車のバッテリー(55D23L)を買い換えるつもりで、ネットショップやネットオークションで各社の商品を調べていましたら、オークションで[劣化バッテリーの強力再生装置]の出品商品を見つけました。 バッテリー端子間で、バッテリーの電圧を測定するには、まずバッテリーの位置を確認します。 計測はエンジン停止後1時間以上放置して、なるべくオルタネーターによる発電の効果が落ち着いた状態で測定することで … >このことから、電圧があっても容量が無い場合を考慮する必要があると感じ、質問させて頂いた次第です。 今の結果では大丈夫だから安心して欲しいと言われました。 検索してみると 電池(バッテリー)テスターは別名電池(バッテリー)チェッカーなどとも呼び、以下のようなものです。daisoなどの100円ショップやドンキホーテなどでも簡単に手に入れることができます。 以下はダイソーで見かけた乾電池チェッカーです。 測れませんが、デジタルテスタなので、どっちでもかまい ディーラーはチェックの時に端子を挟む場所がしっかりしてなかったり また、バイクバッテリーの電圧を測る場合は、ダイアルをどこに合わせて測ればいいですか? 寒冷時は一瞬500A近い電流を供給しないとエンジンは回り始めないので、もし10mΩであれば5Vも低下することになります。 このディーラー方は正しい測定をしてますので 電流や電圧、電気抵抗を調べることができるテスター。回路計やマルチメーターとも呼ばれ、家庭用からプロの電気工事の現場まで幅広く活躍する計測器ですが、その選び方や使い方は?記号の意味や見方、計測方法ま … バッテリ自身の電圧は、エンジン停止でキースイッチオフ時の電圧で13Vを超えることはないですね。  それと同時に、車の発電量というのがありますが、バッテリーを大きくしすぎると、発電が間に合わない。。。などということがあるのでしょうか? Amazonで自分で調べましたが、バイクを使って教えている参考書は無く、電子回路ばかりでした。 アナログテスタだと針が反対方向にカチンとぶつかって 一方、エンジン始動時、バッテリからスタータに供給する電流は、小型車の場合、今の季節では(地域による差はありますが)一瞬200Aほどです。 これぐれもバッテリーの-端子に触れているテスト棒を 14Vは、アイドリング時のバッテリ端子電圧ですか。 以上, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 この話を総合する 使用できるのでしょうか?電池専用のようにも思いますが... なお、バッテリーが極度に劣化すれば電圧が適正でも満足な充電はできませんがこれはバッテリーの問題です。また、渋滞などでのバッテリー上がりは使用機器の消費電力が大きいのにエンジンの回転数が低くいアイドリングが続いて発電機の発電電力が不足したためです。いかにレギュレーターとオルターネーターが頑張っても14Vは無理です (12Vほどにしか上がりません)。車の電気も『計画停電』や『節電』が必要です。, No2です。お礼ありがとうございます。 値としては正常です。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.async=true;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); エンジンを始動するためにはスターターモーター(セルモーター)を回すための大きな電流が必要になりますが、バッテリーには, ステッカー等で点検をします。もしも、交換した時の取り付け日がわからない場合は製造年月日からどれだけたっているのかを確認しましょう。製造年月日の確認方法は、バッテリー上面に書かれた数字をみてください。, 暗電流とは、車を使っていない時に消費される電気のことです。車はバックアップ電源といって、時計やオーディオ等などの設定を記憶しておくために電気を消費しています。. バッテリーの構造. 使い方が間違った測定をした結果は正しく無いっとこです 経過年数がかれば寿命の判断材料にはなりえますが,ずーと保有していなければ無理 検索してみると 自動車整備工場ではパナソニックの40B19Lというバッテリーを どなたか詳しい方がおられたら教えて下さい。, テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか? 逆に差すと、"-13V"とかの表示になります。 ディーラーはチェックの時に端子を挟む場所がしっかりしてなかったり それ以外にもバッテリーの比重や液量・液の状態なども十分な目安になります。これ...続きを読む, H15 8月に購入したコルトに乗っています。 2ヶ月ほど前に、ガソリンスタンドで”無料点検”というのを受けて、バッテリーの交換を勧められました。 (すみません、本の内容を見たわけではないので そうであれば、その値はオルタネータ(発電機)の電圧で、バッテリ自身の電圧ではありません。 4つのうち3つが悪いという結果なので困っています。 大電流を流さない状態でのバッテリ電圧で、バッテリの良否を判断できないですね。 回答していただいた方法で、定期的に測定してみます。 といわれましたから・・・。 ▲殆どのバッテリーは、電極板に硫酸鉛等(サルフェーション)が付着する事により、これが電気の流れの妨げとなり、電圧の...続きを読む, オークションのはどうかわかりませんが、この種の装置はアメリカで発売されたのが10年以上前で、試してみたことがあります。 走行時14.2-3Vになっています。 ボディに接触させないで下さい。たいへんなことに 一方、エンジン始動時、バッテリからスタータに供給する電流は、小型車の場合、今の季節では(地域による差はありますが)一瞬200Aほどです。 このようにバッテリーというのは、 “電気エネルギー”を“化学エネルギー”に、“変換し蓄えておく装置”なのです … 車種は、マツダ・デミオ(H16式)です。 それで以下のような表示の物を見つけたのですが、ある程度は テスターの基本は大きいレンジから測定していって、 増えたのか確認したいのですが、良い方法はあるのでしょうか? 12vバッテリーがあがるとパワーユニットが起動せず、走行できません。 ev(電気自動車)やphv(プラグイン・ハイブリッド車)のボンネットを開けるとガソリン車同様に「12vバッテリー」が搭載されてい … それとどちらがプラス極かわからないACアダプターの線をテスターでどちらが+か調べることはできますか? 「トコトンやさしい電気回路の本 」とかがいいのかも? しかしながら、具体的に何Ωの抵抗器を使うかということまでは書かれていませんでした。 どちらが、生きているのかを知りたいのであれば、 バッテリーチェッカーという機械が、バッテリーの診断をして良否判定をします。 ≪注意すること≫ ガソリンスタンドで、『バッテリーが弱くなってきいるから交換した方がいいとすすめられたけど』と知り合いからの相談。 結論としては、装着前にはバッテリーのケースそのものが気持ち膨らんでいましたが、装着中は少し痩せていきましたから、蘇っていたようです。 ません。 >オルタの発生電圧は正常(14V以上)でも実際の電流は使用機器側に回って消費されて、バッテリーの充電電流に回らない、ことはないのでしょうか? ただ、車を売る前にはずしたら、1ヶ月もしないうちに、このバッテリーは死んだそうです。はずしたらサルフェーションが一気に進んだのか? という感じでしたね。 「容量(Ah)と始動性能(CCA)の関係から決められた総合性能を示します。数字が大きいほど性能が大きい事になります。よく誤解されると思いますが、単純に これで"13V"とか表示するはず。 このように内部抵抗値でバッテリ容量(Ahアンペアアワー)は推定できませんが、その値は始動性能については関連性があります。 まだ新しいのにおかしいと思い 起電力(解放時の電圧)を測って、目安にしているだけです。 >電圧が14V程度以上あればバッテリーを充電していると考えてよいのですね? 同様にチェックしてもらったところ、要注意を通り越し、性能低下の結果がでました。 その状態で、電圧を測れば、単三の電圧が低くなっています(内部抵抗による電圧降下)。 今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。 大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。 ディープサイクルバッテリーの寿命は、充電方法や、使用環境の温度、およびその他の要因によって大きく変化します。 耐久性に優れた構造のバッテリーでも、極端に厳しい環境下で過充電を繰り返し、水が喪失すると一年も持たないことがあります。 >オルタの発生電圧は正常(14V以上)でも実際の電流は使用機器側に回って消費されて、バッテリーの充電電流に回らない、ことはないのでしょうか? それで、電圧が出る方が生き線です。 AC(交流回路)に+-はありません、 H16 10月上旬にガソリンスタンドにてバッテリーチェック 合わせて下さい。 バッテリーテスターは、大きな電流をバッテリーから一気に取り出して、数秒間放電させたときの端子電圧を電圧計で表示する仕組みです。 良否の判定は、色やデジタル数値などとバッテリーの種類によって異なります。 バッテリーを交換するとしたら、どこのものが性能がいいですか? よろしくお願いします。, OFFの位置から反時計方向に3クリックして、DC.V 20Vのところに 最後に、独学で勉強したいのですが、お薦めの参考書などありましたらあ教えてください。 内部抵抗が同じならそのとうりです、・・・んが、大きくなれば、極板の面積も大きくなり、内部抵抗が小さくなります。 コードはどこにさせばいいのかわかりません。(赤はどっちで黒はどっち?) 大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。 走行中に消費電力の大きなパワーアンプで消費される電流はバッテリーから供給されるのではなく、ダイナモから供給されます。ですからダイナモの発電能力を上げない限り、その車で消費できる電流には限界が決まって...続きを読む, 自分で車のバッテリーの残量を測りたいのですが、安価な物をあまりみかけません。 接地とは…地球にかえす事です、家で設置が取れそうな場所は。 バッテリーの残量ってどうして分かるのでしょうか?電圧だけだと充電中など電圧が上がってる時は表示出来ませんよね??負荷が掛かってる時なども一時的に電圧落ちますよね?それなのに充電の容 量が分かるのはなぜですか? ありがとうございました。, やはり、スタンドの常套手段なんですね。(笑) どこでチェックしても弱っており、一年ちょっとで ◆1.5Vボタン電池から22.5V乾電池・ニッカド電池・リチウム電池をチェックするバッテリー専用チェッカー。  ◆それぞれの電池に合わせた負荷電流を流して測定しますので電池の良否が正しくチェックできます。 ◆006P(9V)電池・ボタン電池は専用の測定端子があり便利です。 ◆測定レンジ ・1.5Vボタン電池 負荷電流:1mA ・3Vリチウム1次電池 負荷電流:1mA ・1.5V乾電池 負荷電流:50mA,100mA ・6V電池 負荷電流:10mA ・9V電池 負荷電流:10mA ・15V電池 負荷電流:10mA ・12V電池 負荷電流:10mA ・22.5V電池 負荷電流:10mA ※鉛蓄電池の測定には適しません。, このても御座いますが ※ E=IR 1.5=0.3R   抵抗は5オームです。, 電圧計を付けて様子をみているのですが(バッテリー直ではない 配線先に取付け 電圧値はテスターと一致で確認済み)、昼間のアイドリングで14V程度。 その結果も弱っていて、この冬に上がってしまう可能性があると言われました。 始動直後だとそのような結果がでるかもしれない 電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。 私のは、5.7リッターのV8エンジン車ですので、バッテリーそのものが安くないので使っています。 恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。 このときのバッテリ電圧は7V少しくらいでしょう。 バッテリから電流を取り出したときの電圧を、その電流値で割った値が内部抵抗です。, バッテリの内部抵抗は容量によって異なりますが、おおよその値で、正常時10mΩ以下、新品時は5mΩ前後です。 バッテリーは、エンジン始動時のセルモーターの回転、エンスト時の車の移動、エンジンを切ってのランプやラジオへの電流供給などに使われ、消耗します。駐車場でエンジンを停止した状態での前照灯や補助ランプを付けっぱなしにした時もバッテリーの電流が使われます。 始動直後だとそのような結果がでるかもしれない 電流の向きは? 電流はいくらか? 乾電池を直列にしたら そこで、質問なのですが、自分でバッテリーの寿命を知りたい場合、テスターを使って測定できるものなのでしょうか? 11月上旬にイエローハットでもチェックをしてもらいました。 外気温を適切に設定してなかったり 車のバッテリーは40B19Lです。 いきなり小さいレンジで測定すると、中のヒューズがとびます。 >34B17Lと38B17Lとかの、一番最初の数字が、容量だということを知りました。で、この容量が1上がるごとに、どの程度違いがあるのかをお聞きしたいんです。 基本を学ぶといいと思います。 可変抵抗を使い、抵抗値を下げて行き、抵抗の端子間電圧が定格(1.5V)を保って、何アンペア流せるか(新品との比較で判断する)、定格(1.5V)を下回ると、それは内部抵抗による電圧降下です。 この商品の説明には「劣化の要因」と「回復の原理・効果」が次の様に記載されていました。 容量規格については、上記の理由で大幅な容量アップしても意味がありませんので、その車によって選択できる範囲での適合バッテリーから容量の大きめを選ぶしかないですね。(余り効果は期待できません。走行中のパワーアンプの電流はダイナモから供給される。バッテリーがなくなってきている場合、かえって容量の大きいバッテリーほどダイナモの負担になります。) なります。 おまけ、バッテリーの内部で実際に反応(バッテリーは化学反応で電力をためています)している物質は、鉛と二酸化鉛と希硫酸ですが、この鉛と二酸化鉛はちょっと見た目には判らないんですけど、かなり高度な技術で微細加工されています。二酸化鉛は粉末状ですが、出来るだけ広い面積で電解液と接するように非常に細かい粉末に加工された上で電極に脱落しないように塗布されていますし、鉛も海綿状鉛というもので、スポンジのように非常に微細な穴が多数開いた構造とすることで有効な面積を増やすようになっています。実際にバッテリーが放電する際には両方の電極で化学反応が起こり電解液中に溶け出して行きます。このときに電力を発生するのです。逆に充電するときは、溶け出していた物質をそれぞれの電極に戻す反応が起こるのですが、このときに溶け出して行った元の場所にきっちり戻るのではなく、それぞれの極板の適当な位置に戻ってしまうのです。そのため徐々に微細構造が崩れていき有効な面積が減ってしまうのです。また、放電させた状態で長時間置いてしまうと、反応によって生成された硫酸鉛の結晶が大きく成長してしまうので、充電しても元に戻りにくくなってしまいます。このときに出来る結晶の大きさも均一ではないため、ある部分は元に戻っても、ある部分はもどらにというようなことがおこります。こうなってしまうと、戻りにくい部分を戻すために大きな電流で充電すると、すでに戻っている部分に対しては過充電状態というような不都合が発生し、バッテリーを十分に充電することが出来なくなってしまうのです。電解液の比重を計ることはどの程度の部分で正常の反応が進んで、どの程度が異常な状態であるかをみる目安になる(反応に関与しない部分が出ると比重が元にもどらないので)のですが、これによる比重の変化は大きなものではないため(小数点下3桁必要)温度や、液量などを管理した上で行わないと意味がないのです。, いろいろと意見があるようですが、しっかりと正確に測る方法はあります。それは、規定された電流値と時間を守り完全充電を行い、その後にバッテリーの容量に見合った負荷をかけてそのときの電圧降下と持続時間を計測するという方法です。この方法はバッテリーの内部抵抗と起電力を計測することになるため、かなり正確に計測できます。ただしこのような計測をする機器は決して安価ではありませんので個人で持つのは無理でしょう。 朝一回目の始動時の場合で、2回目からはもっと少なくなります。 限界が8Vなのか、9Vなのか、自車だけに通用する判定基準ができます。 >古いバッテリーは、電圧が14Vあります。しかし、セルが回りません。 これぐれもバッテリーの-端子に触れているテスト棒を 逆に差すと、"-13V"とかの表示になります。 残量というより、能力のチェックです。 この商品の説明には「劣化の要因」と「回復の原理・効果」が次の様に記載されていました。 カーバッテリーに関して、その役割から、特徴、構造、蓄電が行われる原理、また、最近のグラスマットバッテリーやmfバッテリーについても、モノタロウが分かりやすくご説明いたします。 ですから、車載機器を沢山、載せたからと言ってバッテリーの容量を増やしても意味はありませんね。 乾電池の大きさによって判定の仕方が異なるのでしょうか? 充電電流を診ているわけではないですが、この状態だと夜間走行時も充電していると考えてよいのでしょうか?  バッテリーの状態や電気負荷の大小にともないバッテリー電圧は変動しますが、オルターネーターには必ず 『レギュレーター(発電電圧を制御する装置)』 が内蔵又は付属 (10cm角くらいの黒色か黄色の部品) しています。これにより多数の使用機器に必要な電力を供給し、かつバッテリーにも充電させるために必要な電圧の14Vに自動的に調整しています。さらに電装品やバッテリーを過電圧から保護する働きもしています。 商品名:[バッテリー再生『フレッシュ・キーパー』強力・再生装置(12V用)』 時は流れて約10年、質問者さんの見つけたHPのメーカーのものを現在試しています。 が、生きてる側と死んでる側があります。 参考書は、、、電子回路というよりは電気回路です。 まぁ、電装整備工場や整備工場などに行けば、負荷電流をかけた状態で計測できる機器がありますので、そういったところで計測すれば正確なところがわかるでしょう。 エンジンはあっという間にかかるので、始動時の電圧を注視していても読み取るのは困難ですが、かかりにくいときに、見ればよいと思います。 ボディに接触させないで下さい。たいへんなことに 点検等でバッテリーの交換をすすめることがありますが、バッテリーが上がってしまっているわけでもないので、『まだ大丈夫なのでは?』『充電すればまだ使えるのでは?』という質問をよくされます。整備士としては、バッテリーが上がる危険性を説明しますが、最終的に交換するかどうかを決めるのはお客様です。今回は、そのようなときに役立つバッテリーの寿命を見極めるための知識を紹介していきます。, バッテリー上がりとは、充電する量よりも使用量が多いことで充電不足となり、電気容量が低下することでバッテリー上がりがおこります。, バッテリーの寿命とは、充放電の繰り返しにより電気容量が低下することでバッテリー本来の機能をはたせなくなることです。それによってバッテリー上がりがおこります。, 『バッテリーいつまで使えるの?』と聞かれることがよくありますが、点検により良否判定をすることはできますが、寿命がいつくるのかを判定することはプロでも容易なことではありません。, その例として、始動電圧・比重は全く問題なかった場合でも、使用期間が長かったため急に上がってしまったこともあります。, 逆に始動電圧・比重・使用年数すべてが要交換の内容だったが、その後バッテリーが上がったのは1年後だった。, といったように、急に寿命がくるバッテリーもあれば、予想をはるかに上回る頑張りをみせるバッテリーもあります。, 消耗品の中では高額な商品になるためバッテリーの交換を悩まれる方がほとんどですが、しっかり知識をつけて自分の判断で交換時期を決定できるようにしましょう。, 注意して頂きたいのは、要交換の内容でもバッテリー上がりの場合は充電をすることで良好になることがあります。, ひとつの点検項目だけで判断するのではなく、複数の点検を組み合わせることで正確な良否判定ができるようにしましょう。, エンジンを始動するためにはスターターモーター(セルモーター)を回すための大きな電流が必要になりますが、バッテリーには流れる電流が大きくなると性能が低下するという特性があります。これはバッテリーの内部抵抗によるもので、始動時にはバッテリーの電圧が低下します。また、バッテリーの内部抵抗は劣化することで増加するため、劣化にともなってエンジン始動時の電圧降下が大きくなっていき、バッテリー始動時の電圧が低くなっていきます。このように始動電圧点検はバッテリーの特性を使った点検となります。, 点検方法は、エンジンを始動した時のバッテリーの電圧を3回点検し、一番電圧が低かった値で良否判定をします。, ハイブリッド車はエンジンの始動をハイブリッドバッテリーで行っているため、電圧降下による測定ができません。そのため、補機バッテリーの電圧により点検を行います。, 点検方法は、イグニッションをOFF(エンジン停止)にした状態でハイビームを30秒ほどつけたあとに補機バッテリーの電圧の点検をします。, バッテリー液の密度を調べることでバッテリーに電気がとれだけたくわえられているかを知ることができます。バッテリーが満充電状態での比重は1.28になりますが、液量が適切でなければ正確な比重を測定したことにはらないので注意が必要です。, メンテナンスフリーバッテリーとは、バッテリー液の比重の測定・補充ができないものです。, 比重の状態を点検することができるインジケーターがあるものはそこで確認してください。, 希硫酸は硫酸の濃度が低いものですが、車のボディー・衣類・皮膚に付着すると害を及ぼす液体です。, 経験談として、比重測定をする際に、誤ってツナギに付着したことがあります。そのまま放置したのがいけなかったのもありますが、その部分がボロボロになって穴が開いてしまいました。取扱には十分に注意をしてください。, ステッカー等で点検をします。もしも、交換した時の取り付け日がわからない場合は製造年月日からどれだけたっているのかを確認しましょう。製造年月日の確認方法は、バッテリー上面に書かれた数字をみてください。後ろから年・月・日となっています。, 比重・始動電圧の値が悪い場合でも、使用年数が2年以内であれば充電することである程度の回復を見込むこともできるため充電してから良否判定をする。, 早期のバッテリー上がりは、バッテリーが不良品の可能性があります。保証で新品に交換してもらえる可能性もあるため、購入したお店で点検をしてもらうようにしましょう。, 走行距離が少ないことによる充電不足、充電系統の異常、暗電流の過大など、バッテリー以外に異常がある可能性も疑う必要があります。, 暗電流とは、車を使っていない時に消費される電気のことです。車はバックアップ電源といって、時計やオーディオ等などの設定を記憶しておくために電気を消費しています。暗電流の良否判定は、100mA以下が正常です。, 比重・始動電圧の値がよくてもバッテリーの寿命といわれる2~4年を超えているため交換をおすすめします。, しかし、8年間バッテリーが上がらなかった場合もあったりと、バッテリーのメンテナンス状況・使用状況・性能ランク・メーカーなどにより寿命の差が大きくあることも忘れないようにしましょう。, バッテリー液量がLOWER LEVEL(下限)からUPPER LEVEL(上限)の間にあるのかを点検します。, バッテリー液の不足により、バッテリー内部の極板が露出すると、露出した部分は化学反応ができなくなるため能力が低下し寿命を縮めてしまいます。また、バッテリー液量が減った状態では適切な比重の測定もできないためしっかりと点検をしましょう。, 理由は、バッテリー周りのボディーがバッテリー液の硫酸によりサビが発生します。バッテリーが充電されるときには電気分解によりガスが発生します。ガスが抜ける穴がありますが、バッテリー液が多い場合は、ガスと一緒にバッテリー液も排出されてしまうためバッテリー液の入れすぎには注意しましょう。, LOWER LEVEL(下限)からUPPER LEVEL(上限)の間は良好だが上限まで補充が最適, (極板が露出している状態ならば能力が低下しており、バッテリー液の補充をしても回復しない可能性が高い), バッテリーが劣化してくると、極板がボロボロになり部分的な脱落が始まります。その脱落したものがバッテリー液のにごりや、バッテリーの内部の汚れになります。, ガソリンスタンドで、『バッテリーが弱くなってきいるから交換した方がいいとすすめられたけど』と知り合いからの相談。, 電圧降下の値は?比重は?バッテリー古いの?と質問しても点検をした人は答えられなかったのです。, なぜなら、バッテリーチェッカーのみの点検で、その結果が要交換と表示されていたからとのことで・・・。, バッテリーチェッカーはバッテリーの端子にターミナルでつなぎます。しかし、端子やターミナルのサビや汚れ等により、しっかりつながっていなかった場合、そのつなぎ目が抵抗になってしまい電気が流れにくくなってしまいます。その結果、バッテリーが弱くなってきていると判断されてしまいます。, もうひとつの注意点は、バッテリーチェッカーの種類にもよりますが、使用しているバッテリーによって設定を変更する必要があり、設定が間違っていれば正確な点検をすることができません。, そのため、バッテリーチェッカーだけでの良否判定は信頼できない可能性もあるためしっかり点検してもらいましょう。, 様々な点検方法を紹介しましたが点検項目が多すぎて、どの点検項目を優先すればいいのかわからないでしょう。, 新しければまだ大丈夫そうで、古ければ寿命が近づいているため点検・交換の必要があると判断. @catch_the_webさんをフォロー!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 今回の疑問なのですが、バッテリーの容量です。 画像の物のほかに、赤と黒のコードがあります。 を受けたところ、弱っているとの結果でした。 ところが、内部抵抗はそう簡単には測定できません。 参考書は、、、電子回路というよりは電気回路です。 もし走行中、ダイナモでの発電量より多くの電流を消費すれば、走行中にバッテリーが上がってしまうと同時にダイナモの発電量では電流をまかなえないために、車が走行中にエンストしてしまい非常に危険です。 しかしながら、具体...続きを読む, テスターで、電池残量は測定できません。 どこでチェックしても弱っており、一年ちょっ...続きを読む, 一般に行われている放電試験に代わるものとして、内部抵抗の測定により寿命を推定することができます。これは、劣化が進むとセルの内部抵抗が増大する現象に着目し、特殊な方法により内部抵抗を測定することで判定を行います テスターのどちらかを交流コンセントのどちらかに当てて、 外気温を適切に設定してなかったり みなさんの意見を聞かせてください。 まあ、イエローハットやオートバックスでは正しい測定器の使い方がされいないです 測れませんが、デジタルテスタなので、どっちでもかまい ま、結論としては、容量が大きくて高価なバッテリーだと、費用対効果がいいかもしれませんが、安いバッテリーだと? ですね。 恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。 なります。 もし、できるとすれば、どういう条件のときに測定した値がどれぐらいを下回った時が交換時期と考えればよろしいでしょうか? 同様にチェックしてもらったところ、要注意を通り越し、性能低下の結果がでました。 判定が不慮になってしますのです これでは寒冷時、始動できませんね。 まだ新しいのにおかしいと思い 33アンペアアワーや38アンペアアワー・・・という訳ではありません。」との説明があります。 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html そして今日、自動車整備工場にてタイヤ交換のついでに それ以外にもバッテリーの比重や液量・液の状態なども十分な目安になります。これらを目安にならないという方もいるようですが、おそらく正しく計測できないまたは、方法に誤りがあるのでしょう。液比重に関しては液量がアッパーレベルにあることが必須条件で、当然ながら充電を行ってから計測します。また、この際に液のにごり(極板上の活性物質の脱落による)や各セルごとの液量に大きな差があるものなどはこの時点で不良と判断します。各セルごとの液量に差がなければ規定値まで液(蒸留水)を補充し、規格どおりの方法で充電し計測することになりますが、液温にも注意する必要があります。当然ながら液温が高くなれば比重は低めの値を示しますので計算による補正が必要です。以下に計算式を示します。  結構です。バッテリーに充分充電しています。 そして、ディーラーに行き事情を伝え この種の装置の効果を計る目安として、いくら充電しても上がらなかった液の比重が上がるようになりますし、CCAという指標値も上がってきます。これは、短時間に流せる大電流の指標と考えてください。 夜間 ライトを点けてのの走行でも14.1-2V程度で0.1V下がるかどうかくらいです。 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html 11月上旬にイエローハットでもチェックをしてもらいました。 乾電池があって、豆電球があって、それがどう点灯するか、 時は流れて約10年、質問者さんの見つけたHPのメーカーのものを現在試して...続きを読む, こんばんわ。今日、テスターが安かったので買ってきました。 合わせて下さい。 テスターのレンジをDC 50にあわせてそのままつなげばよいのでしょうか?それとも何か抵抗になるようなものを間に挟まないとショートしてしまいますか? レンジが大きい様なら、徐々に下げていくといった感じです。 もう片方をグランド(接地)させます。 http://www.1techicon.com/battery.html, 車で走行中、ダイナモで発電しているときは、バッテリーの電流を使わないのが原則です。 通常12Vタイプのバッテリーは内部が6セル(層)に別れています。つまり1セルにつき起電力2Vということです。 各層には陽(+)極板と陰(-)極板が交互に重なって … お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, iPhoneのバッテリーの寿命について iPhoneのバッテリーの寿命って、短いって本当ですか?ショ, CB400sf(nc31)のバッテリーが弱く出先でセルが回らなくなりバッテリーの寿命だろうと三週間前. ...続きを読む, 電圧を計測すると12.6Vで問題ないように見えても実際にエンジンをかけても 電流や電圧の意味を知っておいた方がいいです。 バッテリーは100AHの普通のMFバッテリーです(比重などは診れません) 今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。 電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。 バッテリーチェッカー.  バッテリーの状態や電気負荷の大小にともないバッテリー電圧は変動しますが...続きを読む, 先日、バッテリーについて、電圧の低下でバッテリーが上がるということをお教え頂きました。 「テスターの使い方」みたいなのもいいですが、そもそも 具体的にどうやってテスターを用いて乾電池の残量を調べられるのでしょうか? 今の結果では大丈夫だから安心して欲しいと言われましたは信じてもいいですよ パワーアンプを載せたからバッテリーの容量を増やしても役に立ちません。バッテリーの容量を増やしての効果は、エンジンの始動時や道路や踏み切り、交差点内でエンストした場合のセルモーターの回転持続時間や自力走行距離に長さ、および夜間エンジンをかけないで前照灯を点灯できる時間の長さを長く出来るだけです。 宜しくお願いします。, いろいろと意見があるようですが、しっかりと正確に測る方法はあります。それは、規定された電流値と時間を守り完全充電を行い、その後にバッテリーの容量に見合った負荷をかけてそのときの電圧降下と持続時間を計測するという方法です。この方法はバッテリーの内部抵抗と起電力を計測することになるため、かなり正確に計測できます。ただしこのような計測をする機器は決して安価ではありませんので個人で持つのは無理でしょう。 それとも電圧はあるが、実際の電気(電流)はバッテリー側には流れていないかもしれないのでしょうか?(要は充電はしていない可能性がある、もしくは まず充電していない?) 乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れると思うのですが、 同様の商品を搭載の方やこの技術に堪能な方のアドバイスをお待ちしています。, 5月中旬頃、自家用車のバッテリー(55D23L)を買い換えるつもりで、ネットショップやネットオークションで各社の商品を調べていましたら、オークションで[劣化バッテリーの強力再生装置]の出品商品を見つけました。 ▲殆どのバッテリーは、電極板に硫酸鉛等(サルフェーション)が付着する事により、これが電気の流れの妨げとなり、電圧の低下[劣化]を引き起こします。このサルフェーションは、使用期間に拘りなく余り運転されない場合の方が多く生じます。 ▲フレッシュ・キーパーから半永久的に生じる微量電気パルスで、このサルフェーションを電極板から、電解液に離脱させ,元の綺麗な状態に戻り,キープさせるとともに、電子等の流れ(電流)をスムーズにさせ、バッテリーの延命をはかります。 今から12Vの鉛バッテリーの電圧を測定しようと思うのですが PbO2 (二酸化鉛)+2H2SO4 (硫酸)+Pb (鉛) = 2PbSO4 (硫酸鉛)+2H2O (水) となります。. 新品5mΩ、始動時の電流200Aとすれば、両者を掛けた値だけバッテリ電圧は一瞬低下することになります。 車のバッテリーは40B19Lです。 1.5vボタン電池から22.5v乾電池・ニッカド電池・リチウム電池をチェックするバッテリー専用チェッカー。 それぞれの電池に合わせた負荷電流を流して測定しますので電池の良否が正しくチェックできます。 そこで、バッテリが劣化すると内部抵抗が増加し、増加すればバッテリ電圧が低下するという訳で、始動時のバッテリ電圧で、バッテリの良否を不十分ですが、判定することは可能です。      ↓ どうぞよろしくお願い致します。, 車で走行中、ダイナモで発電しているときは、バッテリーの電流を使わないのが原則です。 バッテリー交換の際は、やはり、46B19Lの方がいいんですね。 よろしくお願いします。, H15 8月に購入したコルトに乗っています。 正しい測定方法を教えてください。 ACアダプターの件 アナログテスタだと針が反対方向にカチンとぶつかって セルも元気よく回りますし、パワーウィンドウも普通に動きます。  ありません。使用機器の供給電力を充分まかない、かつバッテリー充電電流が保持できる電圧が14Vです。 >電圧が14V程度以上あればバッテリーを充電していると考えてよいのですね? これを読んで、当方の搭載バッテリーも、1年半を経過し、普段余り運転しない方なので、サルフェーションが多く付着して、最近弱ってきたのだと納得、新品バッテリーを買うより安く、物は試しに購入してみました。以前、有る人のHPで同様なパルスを用いてバッテリーの復活実験の回路や検証実験の記事を読んだ事があるので、まんざらウソでも無い様な気がしますが、この様な商品で本当にサルフェーションを電極板から離脱させ、元の綺麗な状態に戻す事が出来るのでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。, バッテリの内部抵抗は容量によって異なりますが、おおよその値で、正常時10mΩ以下、新品時は5mΩ前後です。 パルスをあえて弱くしてあるので、ジワジワ効き目が出るらしいのですが、確かに、一回完全に放電(スモールランプ消し忘れで3日間、トホホ・・・)してしまったバッテリーに付けっ放しで使っていたら、現在は問題なく使用中できる状態になっています。 工賃込みで3000円というキャンペーンを行っており、替えようかとも考えていますが ません。 「おまえのは、何で下がらんのやろう?」 >乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れる。 こうなるのはおかしいと言われました。 劣化して例えば20mΩになったバッテリの端子電圧を電圧計で測ると、電圧計には数ミリアンペアの電流が流れるだけなので、電圧降下は微小で、12V近い値になります。 基本的にバッテリーの比重の表記は20℃を基準としていますので、20℃に換算した値を出す必要があります。 テスト棒の赤をバッテリーの+端子、黒を-「端子です。 よろしくお願いします。, No2です。お礼ありがとうございます。 理屈的には1アンペアアワー=2アンペア×0.5時間などとなるかも知れませんがバッテリーが消耗してきた段階では内部抵抗が増え12Vの電圧が出なくなってきますので電流が数値計算通り取り出せるか疑問ですね。ただしアンペアアワーが大きいほど電流はとりだせます。 テスト棒の赤をバッテリーの+端子、黒を-「端子です。 が原因で実際のバッテリーの内部抵抗より高く成り そして今日、自動車整備工場にてタイヤ交換のついでに バッテリーチェッカーはさまざまなタイプが販売されており、上の画像のように車のシガーソケットに差し込むだけでバッテリーの電圧計測をしてくれるタイプや、バッテリーのプラス極とマイナス極にケーブルを直接つ … 新品5mΩ、始動時の電流200Aとすれば、両者を掛けた値だけバッテリ電圧は一瞬低下することになります。 どうせかえるなら、いいやつをと思いました。 走行中に消費電力の大きなパワーアンプで消費される電流はバッテリーから供給されるのではなく、ダイナモから供給されます。ですからダイナモの発電能力を上げない限り、その車で消費できる電流には限界が決まっています。バッテリーの容量を増やしたからといって、車載機器に電流を供給できるわけでもありません。エンジン停止時やエンジンの回転が極めて遅くなった時(ダイナモの発電量が低下して供給電流が不足している状態)にバッテリーの電流が供給されるだけです。 現実には、バッテリ電圧を表示する電圧計を装備しておけば便利です。 丁寧な回答をいただき、ありがとうございます。, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, (Excel)あるセルに文字を入力しただけで、同じブック内のほかのワークシートにも、同じ文字が自動的に入るようにするには?, 添付した画像のテスターを買いました。 バッテリ-残量計を作りたいんですが、どのような仕組みになっているのでしょうか。電流計や電圧計の仕組みとどう違うのでしょうか。電圧計もしくは電流計から残量計を作ることはできますか?#1,2,3 です.ちょっと間違ってましたので訂 DCレンジ50Vで測定してなんら問題ないです。 上記のページには、単一なら300mA位で、単三なら100mA位、と書かれていますが、 を受けたところ、弱っているとの結果でした。 例えば比重計で測れば劣化しいて使えないバッテリーと判断できるのでしょうか