特に質問はないんですが 種を取らずに渋を抜くよりもくたくたになってしまい、完熟したオリーブは緑色になってしまいました。 渋いと書かれていたので、ビックリして試食すら恐怖なのですが、頂いてしまった以上、何か作って持っていかないとという焦りと、捨てるわけにはいかないので、この1キロどうすればいいか教えてください。。 セラミックの包丁でワザと傷をつけて、重曹につけるのですか?。, 果皮があると重曹水が果肉に沁みていかず結果、なかなか渋が抜けません。なので皮を適度に傷つける必要があります。, 庭でとれたオリーブをこちらのサイトを参考にしブラックとグリーンを重曹で塩漬けを作ってみました。   缶詰のオリーブ(種抜き)の食べ方ですが・・・ ためしに1缶買ってきたのはいいのですが、どうやって何に料理して食べようかわかんないですwwどんな風に頂いてますか? サラダに。丸のままでも、輪切りに … ネットで検索してこちらに辿り着いた次第です。, 今年は記事を参考に塩に漬けてみようかなと思っています。 面倒だと思われる方もいらっしゃいますが、強い薬剤を使用する場合は最終工程まで責任を持つことが大切だと思います。 種なし加工が施されているオリーブの缶や瓶詰め商品もあるので、作りたい料理に合わせて選んでくださいね。 思わずコメントしました(笑), おはようございます。こちらはいよいよ収穫終盤戦、毎日収穫&搾油してます。水替え方式なんでしたら一番大変ですよね。塩に漬けてひたすら待つが一番、楽で塩抜きさえできれば美味しいです。ハマキムシは美味しいとまでは言えませんが。, こんにちは、 家の木になったオリーブを食することができることが楽しみです。 動画の説明欄に、山田オリーブ園さんのサイトを参考にしましたという記述を入れました。差し障りがあるようでしたら、ご一報ください。(動画: https://youtu.be/tj3VlkMZQIg), 初めてメッセージさせていただきます。庭で採れたオリーブの実を使って搾油に挑戦してみました。 いろいろお聞きしてしまい、申し訳ないです。, 茶色く濁ってきた原因が、オリーブの色素が水に移ってきただけでしたら、うちでは水は替えません。ただし濁りの原因が腐敗であれば食べれらません。匂いで分かります。 測るとオリーブ油大さじ1杯は13gでした。 「オリーブ缶の扱い方」「オリーブ缶詰めの冷凍保存」「鯖オリーブ缶のにんにく炒め」「ビーンズ カリフラワーサラダ」など 「水を毎日代える」という方法で渋を抜きましたが 変えるとしたら、ザルとかにあげて変えても大丈夫でしょうか?空気に触れない方がよいとのことなので。。。 大変参考になりました, 大河原公子さん 2017年12月5日の放送は「マツコの知らないサバ缶の世界」。いくつか紹介されたサバ缶のアレンジメニューの中から「オリーブオイル漬けのオーブン焼き」を作ってみました。 オリーブオイルとサバ缶とトマトが合わない訳ないですよね。色鮮やかなトマトがとても美味しそうです。 いろいろ調べていると中和した方がいいようにも書いてあり困ってしまいました。。 楽天が運営する楽天レシピ。オリーブ 塩漬けのレシピ検索結果 329品、人気順。1番人気は簡単!ホクホクとろーり♪長芋のピザ!定番レシピからアレンジ料理までいろいろな味付けや調理法をランキング形式でご覧いただけます。 質問ばかりですみません。, 苛性ソーダ水は強アルカリなので、そのまま排水溝に流すことはできません。必ず酸性のお酢で中和してから流すようにしてください。 半分色づいたものばかりですが、、 この頃、塩水が茶色く濁ってきました。水は変えた方がよいのでしょうか? 湯せんして試してみます 有難うございました, 大河原公子さん 内容量:65g 栄養成分表示:[1缶65g当り・液汁含む]エネルギー 159kcal/たんぱく質5.7g/脂質12.3g/炭水化物5.2g/ナトリウム689mg(食塩相当量1.8g) 原材料名:かき、オリーブオイル、塩レモン(レモン皮、レモン果汁、食塩)、レモン果汁、菜種油、食塩 賞味期限:製造より3年 保存方法:直射日 … なんだか、嬉しくて、なんとかしたい!と言うきもちです。 オリーブの塩漬けはお好きですか?まだまだ馴染みのない食材かもしれませんが、いろいろな料理レシピにも登場するようになってきました。塩味のきいた独特な風味は、さまざまな調理で引き立ちます。栄養の面でも優等生!「オリーブの塩漬け」のヒミツをご紹介します! 塩漬けか、重曹でアク抜きする方法いくつか読みましたが、この時期に採れたピオーネ色のものがどれに当て嵌まるのか、渋みが少ないものなのかさえわからないので、重複させてしまうかもしれませんが、教えて頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。, 熟れ具合あまり気にしなくてもいいと思います。早くできるのは手間は掛かりますが重曹水や苛性ソーダでの渋抜きです。簡単なのは塩水漬けやアルコール漬けです。半年くらい時間は掛かりますが漬けとくだけなので簡単であまり失敗しません。, 今日初めてオリーブの実を獲りました。30粒で少しですが、重曹で渋抜きをしようと思っています。 小豆島のオリーブ農家が試行錯誤した家庭で育てたオリーブの実を美味しく食べる12の方法。, オリーブの実に含まれる渋みを含めた本来の風味を残しつつ、食べやすいオリーブの実を求めて沢山の失敗をしてきました。その中で比較的うまくいった方法を紹介しています。重曹、塩、水、ワイン、日本酒、炒める、干す、搾るなどの12の方法でお庭のオリーブの実を今年は美味しく食べてやってください。, 難易度★★★★ 手間は掛かるけどフレッシュなサラダ感覚のオリーブの風味を楽しめる方法。, 難易度★    塩をまぶして置いておくだけの最も簡単な方法。塩や実の品種の組み合わせなどにこだわると楽しい。, 難易度★★★★★2カ月ほど毎日、水を替えて徐々に渋を抜く方法です。一番難易度高いかもです。大変です。, 難易度★★   1年ほどアルコール類に漬けるだけでオリーブの香りがするお菓子になります。, 難易度★    日本酒の麹菌によって半月程で渋が抜けます。オリーブの養分が移ったポリフェノールたっぷりのオリーブ酒が半月くらいでできます。, 難易度★★★  塩で水分を抜いた後、日陰干しするだけ。オリーブ特有の油の旨みが感じられる素朴な味を楽しめます。, 難易度★    完熟したブラックオリーブを塩で炒めるだけのイタリアの田舎料理。オリーブ特有の渋みも楽しむ。, 難易度☆    何もしません。真っ黒に完熟した実をそのままにして真冬に採って食べます。オリーブの仄かな甘みが感じられます。, 難易度★★★  国内のほぼ全てのオリーブの塩漬けはこの方法で作られている。薬剤の取り扱いに注意が必要。, 難易度★★★★★成功するコツは完熟した実を使うことと油分率が高い品種を使うこと。それと搾れると信じ続ける気持ち。, 山田オリーブ園では小豆島産有機オリーブを使った自家製オリーブを製造、販売しています。, 秋になると、黄色や赤に色づいて、見るからに美味しそうなオリーブの実。その実を初めて齧ったとき、あまりの渋さに体が震えました。吐き出しても、その渋みが口の中に残り1時間くらいは唾がとまらない。スーパーに売っているオリーブオイルや塩漬けは渋くないのに生のオリーブってこんなに渋いんだという驚き。その最初の体験は今から20年以上前、妻の実家がある小豆島でのことです。その後色々あって、僕は小豆島でオリーブ農家になります。, 美味しい食べ物だったオリーブが仕事になった訳ですが、そうなるとどこかの誰かがうまい具合に渋を抜いていたオリーブの渋が大問題になりました。そもそも何でオリーブの実は渋いのかということを調べてみました。, この渋みは虫や鳥、動物から身を守るために木が作り出すもので、そのお陰でオリーブは比較的、害虫による被害が少ないと言われています。この渋みの成分はポリフェノールの一種でオレウロペインやオレオカンタールという成分。人間の体にとっては抗酸化作用など有用な成分ですがオリーブの実をそのまま食べることを難しくしています。ですので、渋抜きと言っても完全に渋を抜いてしまうと体に良い成分は減ってしまう、ということは理解した上でどの程度渋を抜くかということ。渋みゼロはポリフェノールが少ないとも言えます。, さて、ではオリーブの実を美味しく食べる方法について国内外の方法を調べたり、自分で色々試したりしてきましたので、そのうちの12の方法を紹介します。もし、これ以外の方法でオリーブを美味しく食べられる方法をご存知の方がいらしゃったら、ぜひコメント欄でお知らせください。日本で育ったオリーブの実を美味しくいただく13番目の方法として追加させていただきます。, オリーブ栽培を職業にしている小豆島のプロの農家は、搾油機でオリーブを搾り、苛性ソーダで渋を抜いた実を塩漬けに加工します。ちなみに搾油機は日本での製造がなく、海外の機械を商社が輸入しており、イタリア製の小さいものでも数百万円します。, また、国内で製造されるオリーブの塩水漬けの大部分は渋抜きのために苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を使っています。苛性ソーダは、薬局でしか購入できない強アルカリの薬剤で、その取り扱いは難しく、どのご家庭でも気軽に扱えるものではありません。また苛性ソーダを使うことで体に良い成分であるポリフェノール類のほとんどが失われていると言われています。ですので、ここでは一般の家庭でもできる方法を紹介し、プラスして苛性ソーダで渋を抜く方法も参考までに紹介します。, オリーブの実に含まれる渋みを含めた本来の風味を残しつつ、食べやすいオリーブの実を求めて沢山の失敗をしてきました。その中で比較的うまくいった方法を紹介しています。ここでは紹介していませんが、乳酸菌によって渋を抜くヨーグルト漬けや納豆菌による納豆漬けなどでも、あまり美味しくはありませんが渋は抜けます。, また、酢、石灰、炭酸水、草木灰、水煮、冷凍、土埋めなど、渋が抜けなかったり腐ったり、とても不味かったりという沢山の失敗をしました。失敗体験談も別の機会に紹介したいと思いますが、今回は成功したものから。, 基本的には5つの方法論を見つけました。酸性の渋みをアルカリで中和させる、腐らない状態にして時間を掛けて徐々に抜く、食用できる菌によって発酵させる、乾かす、焼くです。渋を単純に抜くだけでしたら、もっとありましたが、日本人の口に合いそうにないような方法は今回の12の方法からは抜いています。, ②腐らないようにしながら時間を掛けて抜く → 塩・水・アルコール・・砂糖類・完熟させる, こちらはMarin’s Single KitchenのMariさんが初めての重曹での渋抜きに挑戦している動画です。味噌漬けも美味しそう。, ※ちょっと水替えを忘れたり、雑菌が入ったり、気温が上がったりすると実にカビが発生し腐敗が始まります。, ※塩素が入っているせいかどうかは分かりませんが水道水の方が成功率が高い気がします。, ※赤ワインの代わりに白ワイン、ホワイトリカー、ブランデー、焼酎やウオッカなども試しましたが、それぞれのお酒の風味を楽しめました。お好きなお酒でチャレンジしてみてください。, 山田オリーブ園では赤ワインやブランデーで渋抜きしたシロップ漬けの製造、販売をしています。, ※同じ麹菌の味噌でも渋は抜けます。種を抜いた実を味噌漬けにして タッパーに入れておくと2週間ほどで渋が抜けています。奈良漬のような不思議な味と歯ごたえのジャパニーズオリーブができます。, ※オリーブの実を収穫せずそのまま生らしていると木にとってはストレスです。できれば年越しの実は少量に止めてやってください。, オリーブの実は濃い緑色から黄緑色、黄、赤、紫、黒と熟れるに従って渋みが減っていきます。緑色の実は、虫や鳥たちに食べられないよう、とても渋みは強いのですが、そんな渋い実を平気で食べる虫がいます。それがハマキムシ。葉巻虫というくらいですから普段はオリーブの葉を巻いて隠れ家にしつつ、その葉を食べているのですが、実が生ると葉から降りてきて数個の実が重なったところを家にしてその家を穴だらけにしてしまいます。絵本の「はらぺこあおむし」は、かわいいですが、オリーブ農家としては収穫目前のピカピカの実をいくつも糞だらけにしながら食べ散らかすハマキムシは、あまりかわいくありません。しかし、他の虫が食べない渋いオリーブの実をハマキムシはなぜ大好きなのでしょうか。渋くないのでしょうか。不思議だったので、オリーブの実を食べて丸々に太ったハマキムシを生のまま畑で食べてみました。すると不思議、全く渋くなくてまろやかなオリーブの甘い味だけしかしません。ここからは想像なのですが、ハマキムシのお腹の中にある消化酵素がオリーブの渋みの成分を分解したようです。もしかすると生のハマキムシを沢山食べると、その酵素をお腹に取り込むことができて人間である僕もオリーブの緑色の実をむしゃむしゃ食べれるようになるかもしれませんが、今のところオリーブ以外の食べ物があるので、やめています。, オリーブ専業農家。香川県小豆島の山田オリーブ園園主。1967年佐賀県生まれ。岡山大学農学部を卒業後、ベネッセコーポレーションに入社、保育事業などの立ち上げに携わる。2010年から小豆島に移住し、新規就農。日本で初めてオリーブの有機栽培に成功し、オリーブ栽培としては初の有機JASに認定される。, (出版社コメント) 実 食:サバはいいね. 70年にわたり缶詰を作ってきた、静岡県の由比缶詰所さん。 昔からさまざまな種類の缶詰を卸しで製造していたのですが「自分たちが作ったことに胸を張れる自社商品を!」と自社ブランドの商品を作りました。 それが今日ご紹介する「まぐろの油漬け」。 もし瓶詰めのオリーブを開けたけど使い切れなかったという場合、汁をよく切って、オリーブオイル、または塩水をオリーブが浸るくらい入れて冷蔵庫で保存をすれば1ヶ月ほど日持ちします。, きゅうり、レタス、ハムのサラダに、輪切りにしたブラックオリーブをのせるだけ。単調になりがちなサラダに、ブラックオリーブのほどよい酸味がプラスされておいしくなります。ドレッシングはオイルベースのシンプルなものや、クリーミーなものどちらでも相性抜群です。, いつものポテトサラダをアレンジするなら、ブラックオリーブとグリーンオリーブをプラスしてみてはいかがでしょうか?それぞれの、味や風味の違いを楽しむことができるサラダです。粒マスタードを加えることで、お酒との相性もさらによくなります。, ルッコラや紫色玉ねぎを使ったサラダに、みじん切りにしたブラックオリーブのドレッシングをかければできあがり。緑や紫にブラックオリーブの黒が、おしゃれなサラダに仕上げてくれます。. 茶色に変色しました 食べてみたらオイルを含んだようなまろやかさがあり渋みも完全に 庭にオリーブの木があり、実がいっぱいなっています。 見た目や匂いは腐敗しているような様子が無さそうなのでもう少し様子を見ることにします(*^^*) オリーブ缶詰の簡単おいしいレシピ(作り方)が31品! オリーブ油の作り方を公開していただきありがとうございます。 オリーブの実は、そのまま食べてもおいしいですが、お料理にプラスすると酸味がアクセントになって、見た目も味もワンランク上の仕上がりに!今回はブラックオリーブやグリーンオリーブを使った人気のおつまみやサラダレシピをご紹介します。 5%搾取できれば上等とサイトにあり…計算したらオリーブ1,040個で大さじ1杯のオリーブ油なのでしょうか⁈ いかにしたものか! 今年は種取り器を買ったので、先に種を取って苛性ソーダに浸けてしまいました。 ツナ=マグロ、と思っていたのに、実はよく見たらカツオだった!なんてことも。 まぁ、だいたい、「お酒のおつまみ」の定番ですし。オリーブの缶詰は、外国産が多いですが、タイプはいろいろ。 苛性ソーダによる渋抜きについて質問です。 オリーブを植えて10年ばかり、当初なかなか実らず、別の木からの受粉が必要と知って、横にもう1本植えて、それでもなかなか実らず諦めていて、、、この夏剪定出来ず伸び放題になってた枝を、この台風一過の秋晴れの中、枝を落としてて、なんと5粒ほど、少し黒くなりかけた実を発見!! 今日は種ぬき器を早速買いに行って来ます。 このレシピの生い立ち 缶詰・瓶詰のオリーブをより風味良く味わおうと考案。 レシピID : 1427216 公開日 : 11/05/02 更新日 : 11/06/11 そう、オリーブそのものは実はすごく安いんです。今日はその安価な水煮缶のオリーブを、無限に食べられる絶品〈オリーブマリネ〉に変える方法をお教えします。 【家バルつまみ by vivo花本朗 #4】 美味しい〈オリーブマリネ〉の作り方 実を漬けるのは初めてで、不安です。 少しずつ真水で薄めながら水を入れ替えて廃液するのでしたら、普通に排水溝に流しても大丈夫な濃度でしょうか? 初めてのオリーブの塩水漬けで心配でしたが、助かりました。 オイルサーディンは、塩水に漬けたイワシをオイルで煮込んだものです。それを缶詰にしたものが私たちのよく知っているあのオイルサーディン。手軽に手に入り、そのまま食べてもおいしいけれど、少し工夫をするだけでとっても素敵な一品料理になるんです。 オリーブの実は、そのまま食べてもおいしいですが、お料理にプラスすると酸味がアクセントになって、見た目も味もワンランク上の仕上がりに!今回はブラックオリーブやグリーンオリーブを使った人気のおつまみやサラダレシピをご紹介します。, 湘南でのんびり生活を満喫中♪空いた時間には近くのパン屋さんやカフェを巡ったり、おいしそうなレシピを探して作る…, お正月に食べ過ぎてしまったという方、多いのではないでしょうか?今回は、ヘルシー食材を使った糖質オフレシピをご紹介します!, 余らせがちな、お正月用に買ったお餅。今回は、お餅を使ったアレンジレシピをご紹介します。スイーツ系からおつまみ系レシピまで、お餅消費にぜひお役立てください♪, 「地の時代」が終わり、新しい「風の時代」がはじまる2021年。占星術研究家・岡本翔子さんが、新年をしなやかに、有意義に過ごすためのメッセージをお届けします。1年の運勢と各星座におすすめの食材と料理もご紹介。. 楽天が運営する楽天レシピ。オリーブの実のレシピ検索結果 263品、人気順。1番人気はおつまみ、サラダに最高♪オリーブの実のピクルス!定番レシピからアレンジ料理までいろいろな味付けや調理法をランキング形式でご覧いただけます。 昨年の11月から塩水漬けをしております。最初は常温保存しておりましたが、暖房を入れるようになったので冷蔵庫の現在保管しています。 短めで試してみようと思います。 うちもそろそろ食べ時になってました。そのまま食べるときは塩抜きするのですが、パスタとかに入れる場合は、ざっと洗ってそのままでも塩味が馴染んでいい感じになります。, 「オリーブの塩漬けに初めて挑戦しています。重曹を入れて渋抜きしている時は冷蔵庫に入れるのですか?」というご質問をいただきました。, はじめまして。 たったの200g、黒多めで少し緑もあり、品種は不明です。10ccでもとれたらうれしいな!と思ってやってみたのですが、油分が分離できずみごとに失敗しました。その後調べているうちにこちらのサイトにたどり着いた者です。, 「楽をしようとしてミキサーなどを使うとほぼ失敗する」の文章を見つけて冷や汗。なぜなら楽をしようとしてミキサーを使ったからです。 もしそうであれば、常温保存がダメだったのでしょうか? こんな5粒ほど、、もう枝も落としたものですが、どうしたものでしょう! 業務スーパーの鯖オリーブオイル缶の価格や内容量、カロリー、アレンジレシピなどを紹介。栄養豊富なオリーブオイル漬けの鯖を色んな料理に使って、味わいましょう。一度食べたら、その美味しさの虜になってしまうこと間違いなしです。 さて、そんな脅威のセブンプレミアムから、「オリーブオイル さば」なる缶詰が2017年1月23日に発売されたのですが、これがめちゃくちゃ使えるのです! 「さばの缶詰? えー、なんか地味じゃね?」という声が聞こえてきそうですね。ノンノン、お嬢さん。 この違いは、実が熟しているかどうかにあります。実が若いうちの鮮やかな緑色の段階で収穫したものがグリーンオリーブです。渋みがやや強く、フルーツのような爽やかな風味が特徴です。対して、熟して黒く変化したものがブラックオリーブです。柔らかくクセが少ないため料理に使うならブラックがおすすめです。 中和は薬局で販売している「日本薬局方 酢酸」もしくは食酢で行います。詳しくは下記小豆農業改良普及センターのページをご覧ください。 レシピ制作 山下 和美. http://www.pref.kagawa.lg.jp/shozu/nokai/topic/olivecook/kateishori.pdf, 突然失礼します。昨年たくさん採れた(オリーブを育てて20年にしてはじめてでした!)オリーブを1年ほど濃い塩水につけて渋抜きをしました。そして薄めの塩水につけて、塩水を変えてを繰り返して塩抜きも済んだので、保存はどうしたら?と調べたのですが、これだ!というものがなく、困ってしまいこちらにたどり着きました。たくさんあるので、瓶に小分けして保存したいと考えています。よい方法があれば教えていただければありがたいです。それから、微妙に渋みが残っているのが気になっています。この時点でもう少し渋みを抜くことはできるのでしょうか? こちらも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。, 自家用としてうちで長期保管する場合は、6%の塩水に漬けて冷蔵庫で保管し食べる前に薄くした塩水で塩抜きをしています。 苛性ソーダを使ってみたいと思っています。, はじめまして! lindsay リンゼイ 種なしオリーブ 170g×6缶 購入時価格 748円 参考価格 998円(2016年2月) 参考価格 980円(2017年3月) コストコでオリーブの缶詰を購入しました!この商品、ずーっと前からコストコで … 経営として成り立たせるには? お酒につけるのが一番手っ取り早いですか? 今年なった実を半分グリーンオリーブとして収穫、残り半分をブラックオリーブで収穫しました。 今まで庭のオリーブでオイルを搾っていましたが、今年は豊作だったのでこちらのサイトを参考に塩漬け・塩水漬け・ワイン漬けを試してみました。 柔らかいオリーブを使ったレシピも教えていただき、ありがとうございます。 家庭で出来るオリーブ脱渋液中和の方法 種があるもの同様、3日ほどしっかり苛性ソーダを流してやれば危険ということはないと思います。うちでは、食感は柔らかくなりすぎた場合は、スパイス類を加えてペースト状にしてしまいます。オリーブの塩漬けの風味がするオリーブペースト、パスタの上に乗せても美味しくて僕は案外、普通の塩漬けより好きです。, 返信、ありがとうございます。 味はよかったものの、ブラックのほうが特にまだらな模様だったり黒みがぬけてしまい見た目が悪くなってしまいました。全て穴はあけてます。重曹の方法はブラックは適してないのでしょうか?, 黒い色のオリーブも完熟になる前は色が斑になることがあります。また品種によりますが完熟になっても黒い色が落ちることもありますので商品として販売するには難がありますが自家用でしたら堅いグリーンの実と違った風味が楽しめると思います。, ありがとうございます❗とても参考になります。完熟をつかうか色も気にするのであれば他の方法が良さそうですね!苛性ソーダは使えないので塩漬けでしようと思います!, 初めまして。 「Ça va(サヴァ)?缶」は「(一社)東の食の会」と岩手県釜石市に工場をもつ「岩手缶詰(株)」と「岩手県産(株)」によって、東日本大震災で衰退した被災地三陸からオリジナルブランドの加工品を発信しようと、とても品質の良いサバを使用したオリジナルの洋風缶詰として誕生しました。 周りの知り合いが出来上がりを楽しみに待っておりますので長期の保存は無いかと思います。期待に応えられる美味しく漬けたいのですが水何リットルに対して塩の量は何グラムのが一番いいのでしょうか? 50個×5g=250g 大好きなオリーブの実。 そのまま食べるのは勿論、煮込み料理などに加えると オリーブの旨みとコクが出るのがまた好きなんです。 日本に住んでいた時は苦手だったとは思えない・・・ 気がつけばレシピも増えていたのでまとめました。 : 参照 : 今年は味噌漬けと日本酒漬けに挑戦します 長文で失礼しました。ついつい、長年の思いを書き綴ってしまいました。, 重曹水での渋抜き、今年こそ美味しくできることをお祈りしています。なかなか難しいし手間も掛かりますが、その分うまくできたときは嬉しいですよね。オリーブも品種によって皮や実の硬さもマチマチですし渋抜きのときの気温なども影響します。渋抜きをしながら毎日、渋の抜け具合や実の硬さなどチェックしながら、ここだというところの少し前で、渋抜きを終えて塩水に切れ変えてみたらいかがでしょう。塩水に漬けているうちにもう少し渋は抜けますし、渋も完全に抜けるとオリーブならではの美味しさもなくなってしまいます。, ご返答ありがとうございます!とにかく、渋み(アク)が身体に悪いものではないことが分かったので、安心して適度な渋みも楽しみたいと思います。今ちょうどオリーブの花が咲いているので、少しでも多くの実がなるよう受粉してるところです!収穫が楽しみです!, 初めてお便りします! アドバイスお願いします!, それと、もう4メートルぐらい大きくなる木になっているのに、実らないのは受粉が下手なのですよね?, お酒でもいいですし、塩に漬けるだけでも簡単でいいかもしれません。受粉しないとのことですが、花は咲いていますか?元の木と新しく植えた木に花が咲いているか。それと新しい木の品種は元の木と違いますか。10年経つと普通は1本の木から10kgくらいは実を収穫できます。受粉ができないというより栽培管理に問題があるケースが多いのですが木は元気ですか。もしくは元気すぎても実が付かないこともあります。情報がないのでこれ以上は何とも申し上げられません。, はじめまして! まだこれから収穫するものもあるので、どうか宜しくお願いしますm(__)m, はじめまして。見た目や匂いが腐敗しているようでしたらそうかもしれません。気温が高いときや、実の水分が多いときに同じようなことが腐敗する可能性が高まるようです。実が空気に触れていなくても腐敗するようでしたら冷蔵庫保管が良いかと思います。, お忙しいなか、お返事ありがとうございます。   台風の来ない内に収穫して、色々と試したいです。 コメントありがとうございます。うちでも日本酒漬けは毎年作ります。味噌漬けは、どんな味噌と相性がいいか色々試してみたいですね。塩水漬けですが、冷蔵庫に入れて塩分濃度7%以上にして作ると、これまで腐るようなことはありませんでした。でも、一般の家庭で作ったものには細菌は必ずいます。ご自分の鼻と味覚で大丈夫かどうか確かめるしかないのですが心配でしたら湯煎したらどうでしょう。80℃くらいのお湯に10分~15分くらいが目安のようです。実の中まで熱が伝わっているかどうかが大切ですが最終的には自己責任でお願いします。, ご丁寧にありがとうございます。塩漬けオリーブは一年間冷蔵庫に入っていますが この方法では食べるのは危険でしょうか? ただし、これは自家用の方法で雑菌が少し残っている場合もあります。商品として販売する場合は80℃のお湯に40分湯煎しています。 今後ともにご指導お願いします。, はじめまして。 まず、油(脂)がうまい。オリーブオイルのサラッとした軽い感じと、鯖のお腹の部分の脂がご飯を進めます。ちょっと醤油かけて食べやすくしました。 めちゃくちゃ大変でした。 今回は、我が家でいつも2〜3個は常備しているおいしい缶詰、セブンプレミアムの「オイルごと使えるオリーブオイルさば」 をご紹介します。 そのまま食べるのはもちろん、さまざまな料理に使用することもできる、とても便利な商品です。ぜひチェックしてみてください!   もっと長く保管する場合には種を抜いてペースト状にして冷凍します。もしくは乾燥器で乾燥させて冷蔵庫という方法もあります。 お忙しいところ、ありがとうございました。, こんにちは。私はここ10年くらいマンションのベランダで取れる少量のオリーブを重曹や塩のみ渋抜きを試みてきました。苛性ソーダのような薬品使いたくなかったので。当時、書籍はいくつかあったもののネットでの情報は少なく、かつ、グリーンのオリーブhs苛性ソーダを使う方法ばかりだったので、料理でも使う重曹で試みることにしました。でも、重曹も塩水もブラックの塩漬けもなかなか渋みが抜けず、一年つけっぱなしでもまだ抜けない(結構キツイまま)だったり重曹をやり過ぎると無味無臭なようになったりブヨブヨになってしまったりと、なかなか思うように出来ない状態を繰り返してきました。渋みは頑張れば抜けるのはわかってきたのですが、皮だけはどうしても柔らかくならず硬い状態で、一方実はブヨブヨに柔くなってしまったりし困っています。でも、渋みは体に良くないのか、どの程度抜けばいいのかと調べていたところ、このサイトにたどり着き、渋みの成分も分かり、皮も食べる前に熱を通したり炒めたりすれば気にならなくなるとのことが分かり、今年はそれを試してみようと思います!その他の食べ方もいろいろご提示頂き、アク抜きばかりにこだわらずにいろんな方法で食してみようという気持ちになりました❗️情報を提示してくださってありがとうございます❗️皮の硬さや実のブヨブヨに関して、何か他にアドバイスがあれば、頂けると嬉しいです。