0000108178 00000 n •½¬30”Ni2018jlŒû“®‘Ô“ŒviŠm’萔j‚ÌŠT‹µ, ˆóü—p‚ÌPDFƒtƒ@ƒCƒ‹‚̃_ƒEƒ“ƒ[ƒh‚Í‚±‚¿‚ç‚©‚ç, ŠT‹µ‚Ì‘S‘Ì‚ðŒ©‚½‚¢ê‡‚́Aˆóü—p‚ÌPDFƒtƒ@ƒCƒ‹‚ð‚²——‚­‚¾‚³‚¢B, lŒû“®‘Ô‘——C“s“¹•{Œ§i“Á•Ê‹æ|Žw’è“sŽsÄŒfj•Ê, lŒû“®‘Ô‘——i—¦jC“s“¹•{Œ§i“Á•Ê‹æ|Žw’è“sŽsÄŒfj•Ê, •ê‚Ì”N—îi‚TÎŠK‹‰jEo¶‡ˆÊ•Ê‚É‚Ý‚½o¶”, •ê‚Ì”N—îi‚TÎŠK‹‰j¥ o¶‡ˆÊ•Ê‚É‚Ý‚½‡Œv“ÁŽêo¶—¦i“à–ój, lŒû“®‘Ô“Œv”N•ñ@Žå—v“Œv•\iÅVƒf[ƒ^A”NŽŸ„ˆÚj‚Í‚±‚¿‚ç‚©‚ç. 0000070003 00000 n 0000047525 00000 n 合計特殊出生率は「15歳から49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの」で、1人の女性がその年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子ども数に相当する。 とあります。 2018年に発表された平成29年の全国の出生率は「1.43」。 少子化の状況を表す指標の一つに、合計特殊出生率2がある。 合計特殊出生 率は、昭和 22 年から24 年の第一次ベビーブー期以降急速に低下 し、昭和40 年代後半の第二次ベ ビーブー期 以降はさらに低下を続けて、平成17 年には、ついに1.26 という最低値を記 0000043835 00000 n 厚生労働省の人口動態統計より、各都道府県である程度出生率に違いがありますが、傾向として1.南の方が北より出生率が良い2.都市部は出生率が悪い 都市部で悪くなるケースは困ったものです。特に若者の集まる東京、大阪の圏内で下がるのは、全体的な影響が大きいです。 都道府県別にみると、沖縄県(1.89)、島根県(1.74)、宮崎県(1.72)、鹿児島県(1.70)、 熊本県(1.69)が高く、東京都(1.20)、北海道(1.27)、京都府(1.29)、宮城県(1.30) 、秋 田県(1.33)、神奈川(1.33)が低くなっている(表5、図3)。 0000067548 00000 n 1947~2019年) 出生数は、 2015. 0000036476 00000 n ) 合計特殊出生率[2018] 図表1-10-5 都道府県別 子育てのしやすさの満足度と 合計特殊出生率の相関 r=0.354 (出典)厚生労働省 人口動態調査 内閣府 満足度・生活の質に関する調査(2019年調査 … 図表4 都道府県別の合計特殊出生率 (2018年) 3.出生率に影響を及ぼす要因 出生率に影響を及ぼす要因としては、①女性人口の年齢構成や②各年齢階級における有配偶率(有 出生数・死亡数・自然増加数の推移(北海道) (2)合計特殊出生率1 本道の合計特殊出生率は全国平均より低く推移しており、2018(平成 30)年で は、東京都に次いで全国で2番目に低い状況となっている。 出生数・合計特殊出生率の推移(全国・北海道) 0000042262 00000 n 令和元年(2019)人口動態統計(確定数)の概況について紹介しています。 ... 参考表(都道府県別順位) [61kb] 合計特殊出生率につい ptl 2018; ptl2019; フォトロゲとは? フォトロゲ 20170521 府中 ... 【r】都道府県別 出生数・合計特殊出生率 . 都道府県別の合計特殊出生率(2000年から2018年) EU圏内の期間合計特殊出生率 フランス 合計出生率は「婚姻多様化政策などフランス政府の出産支援政策」のために2.1を超えて回復したと言われているが、実際には 移民 同士の夫婦や 海外領土 出身者の出生率が高いことに理由がある。 都道府県別合計特殊出生率の動向 2017(平成29)年の全国の合計特殊出生 率は1.43であるが、47都道府県別の状況を みると、これを上回るのは35県であった。 合計特殊出生率が最も高いのは沖縄県(1.94) であり、次は宮崎県(1.73)となっている。 2019.09.25. 0000055604 00000 n 0000002225 00000 n 都道府県別の合計特殊出生率(2000年から2018年) EU圏内の期間合計特殊出生率 フランス 合計出生率は「婚姻多様化政策などフランス政府の出産支援政策」のために2.1を超えて回復したと言われているが、実際には 移民 同士の夫婦や 海外領土 出身者の出生率が高いことに理由がある。 参考として、各県の合計特殊出生率の推移を図3に示す。1980年には沖縄を除くすべての地域で合計特殊出生率2.07を下回り、底に達しているのは2005年、そこから微増の傾向がみられる。これは全国値とほぼ同じ傾向である。 合計特殊出生率の確認方法 注目は女性1人が生涯に産む子どもの推定人数を示す「合計特殊出生率」。 全国ベースでは1965年に2.14人だったのが、1975年には1.91人に低下。 0000043357 00000 n 厚生労働省が、6月5日に令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況を発表しました。 少子高齢化社会として心配なのは、やはり出生率です。この統計では、1人の女性が生涯に生む子どもの数にあたる合計特殊出生率も公表され、1.36と前年より0.06ポイント下がりました。 第3表-2 人口動態総覧(率),都道府県(特別区-指定都市再掲)別 [191kb] 第4表 母の年齢(5歳階級)・出生順位別にみた出生数 [85kb] 第5表 母の年齢(5歳階級)・ 出生順位別にみた合計特殊出生率… 増減率と2018年の合計特殊出生率の関係を都道府 県別にみると、東北各県は宮城県を除き全般的に 減少率が高い。その中でも本県は、合計特殊出生 率が1.5を超える一方で減少率が突出している (図表8)。本県の合計特殊出生率は2010年の1.52 厚生労働省の人口動態統計より、各都道府県である程度出生率に違いがありますが、傾向として1.南の方が北より出生率が良い2.都市部は出生率が悪い 都市部で悪くなるケースは困ったものです。特に若者の集まる東京、大阪の圏内で下がるのは、全体的な影響が大きいです。 0000047762 00000 n 0000002332 00000 n 2016(平成28)年の全国の合計特殊出生率は1.44であるが、47都道府県別の状況を見ると、これを上回るのは36県、下回るのは11都道府県であった。 0000060310 00000 n 0000061487 00000 n 合計特殊出生率とは. 2018年に発表された平成29年の全国の出生率は「1.43」。 その中で、沖縄県は「1.94」とトップを誇っています。 一番低い都道府県は東京都の「1.21」。 0000109470 00000 n 合計特殊出生率=(母の年齢別出生児数/年齢別女性人口)の15歳から49歳までの総和 ; 死産率=年間の事件数/年間の出産数×1,000(年間の出産数とは,出生数と死産数を加えたものである。) ダウンロード. 発表日:2019年6月25日各都道府県の合計特殊出生率転換点は実は2005(平成17)年にあった -2000年から2015年の都道府県別の合計特殊出生率(東北大 tfr)遡及計算による検証- 【発表のポイント】 〇厚生労働省「人口動態統計」の都道府 0000108658 00000 n 2018年の都道府県別合計特殊出生率が最も高かったのは沖縄県で1.89、次いで島根県1.74であり、上位県でも人口置換水準を下回っている 。一方、最下位の東京都が1.20、次いで北海道1.27であった。 「合計特殊出生率」は横ばいで推移 当初値 2014年 1.16 現状値 2017年 1.16 目標値 2019年 1.36 数値目標2 「20~29歳の道外への転出超過数」 はほぼ横ばい 当初値 2014年 2,637人 現状値 2018年 2,756人 目標値 2019年 1,300人 【主要事業の進捗】 計画に掲載した約150の主要事業はほぼ全ての事業に着手し、 … 令和元年(2019)人口動態統計(確定数)の概況について紹介しています。 ... 参考表(都道府県別順位) [61kb] 合計特殊出生率につい trailer<]>> startxref 0 %%EOF 328 0 obj <>/PageLayout/OneColumn/PageMode/UseNone/Pages 322 0 R/Type/Catalog/ViewerPreferences<>/Outlines 313 0 R/Metadata 318 0 R/PieceInfo<< >>/StructTreeRoot 329 0 R>> endobj 362 0 obj <. 0000042751 00000 n 合計特殊出生率とは,一人の女性が一生の間に産む平均子ども数の推計値であり, 15. 京都府市区町村・保健所別合計特殊出生率・母の年齢階級別出生率(女性人口千対、ベイズ推定値)2008年~2012年(平成20年~平成24年) 東京都区市町村別合計特殊出生率 2011年/平成23年 Source:平成23年東京都人口動態統計年報; 人口統計データベース 日本の「出生率」は、低下し続ける中、国内では沖縄県が1位、東京都が最下位が続いています。そもそも出生率とは?出生率が高い都道府県は子育てしやすいの?出生率が伸びている都道府県は?都道府県別ランキングを紹介します。 0000042423 00000 n どうも管理人のラボ吉です。 地元福岡をこよなく愛し地元福岡を誰よりも知りたいと思い政府公式の統計データを元に様々な角度から今の福岡県を分析していきます。 福岡県の人口比の推移はこちらの記事から 地元の福岡県が転勤したい街ナンバーワンだったり、福岡市が2017年の将来の成長可能性が高い都市で1位をとなったり何かと話題になっていますが、 前回人口比を調べて福岡県全体年々人口比は増加傾向にあり今後とも増えていくことが予想されますが、 では、赤ちゃんが生まれる出生率はどうな … 南西地域産業活性化センター(NIAC)は25日、沖縄の出生率が全国一高い要因について、2015年の国勢調査のデータを基に分析した結果を発表した。沖縄は全国と比べ、有配偶出生率(結婚している女性の出生割合)が高く、また有配偶率(結婚している女性の割合)が若年齢層で高いことが寄 … 平成30年 埼玉県の人口動態概況(確定数) 平成30年1月から12月までの出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の動向について、厚生労働省が集計した数値を基に埼玉県における概況をまとめました。 一方、「東京都」が1.21ともっとも低く、「北海道」1.29、「宮城県」1.31、「京都府」1.31、「奈良県」1.33の順に低い。 %PDF-1.6 %���� 327 0 obj <> endobj xref 327 36 0000000016 00000 n 総務省は2020年4月14日、「人口推計(2019年10月1日現在)」を公表した。総人口は、前年(2018年)比27万6,000人減の1億2,616万7,000人と、9年連続で減少。 日本の「出生率」は、低下し続ける中、国内では沖縄県が1位、東京都が最下位が続いています。そもそも出生率とは?出生率が高い都道府県は子育てしやすいの?出生率が伸びている都道府県は?都道府県別ランキングを紹介します。 厚生労働省は人口動態統計を発表しました。 2018年の出生数(生まれた子どもの数)は91万8397人で過去最低を更新したそうです。 100万人を下回ったのは3年連続です。 また、合計特殊出生率は1.42となり、2017年から0.01ポイント下がりました。 0000001457 00000 n ‚̂ŁA¶‹L‚̃AƒCƒRƒ“‚ðƒNƒŠƒbƒN‚µ‚ă_ƒEƒ“ƒ[ƒh‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B. 第1章 少子化をめぐる現状(6) 6 地域比較 都道府県別合計特殊出生率の動向. までの各都道府県の合計特殊出生率(2000-2015は東北大tfr,2016-2018は厚 労省公表値)について,2005年の値との差を取ったものが表3および図3です。 これによると,それまで全国的に低下を続けてきた合計特殊出生率は,2005年 年の100.6万人から2019年には86.5万人(過去最少)に減少。 合計特殊出生率は、 0000001113 00000 n 〇人口を維持するために必要な合計特殊出生率、すなわち人口置換水準はどこを見ればよいですか? ⇒表4-3 女性の人口再生産に関する主要指標:1925~2018年[人口置換水準] 〇都道府県別年齢3区分別人口はどこを見ればよいですか? 少子高齢化が進むといわれる現代、一体どの都道府県が出生率が高いのか気になっている方も多いかと思います。そこで今回は、15~49歳の女性1人が一生の間に産む子供の数である合計特殊出生率を元にランキング形式で紹介していきます。 0000007046 00000 n 0000042586 00000 n 沖縄県医療政策課は26日、2018年の県人口動態統計(確定数)を発表した。人口千人当たりの出生率は11・0で前年より0・3ポイント減った一方で、全国平均より3・6ポイント高く、都道府県別では45年連続で1位となった。同死亡率は8・5(前年8・4)で、17年連続で全国最低だった。 0000042107 00000 n 0000066265 00000 n 0000043580 00000 n 歳から 49 歳までの年齢別出生率の合計です。ただし,都道府県別合計特殊出生率の算出の際は,5 歳階 級別の出生率が用いられています。 および合計特殊出生率:2019年 わが国の都道府県別出生力に関する指標の一つとして,国勢調査年次,および1970年以降は毎年, 女性の年齢別出生率および合計特殊出生率を,研究所が算出・公表している1).今回は2019年の結果 について概説する. 今回算出された全国における2018年の合計特殊出生率は1.41,都道府県別にみると,最も出生率の 高い沖縄県(1.89)と最も低い東京都(1.20)との差は0.69ポイントである.概して,九州各県を中 0000109219 00000 n 都道府県別合計特殊出生率の動向 2016(平成28)年の全国の合計特殊出生 率は1.44であるが、47都道府県別の状況を 見ると、これを上回るのは36県、下回るの は11都道府県であった。この中で合計特殊 出生率が最も高いのは沖縄県(1.95)であり、 鹿児島県市町村・保健所別合計特殊出生率・母の年齢階級別出生率(女性人口千対、ベイズ推定値)2008年~2012年(平成20年~平成24年) 沖縄県の死亡数・死亡率(人口千対)の推移 1975年~2012年(昭和50年~平成24年) 0000002480 00000 n 0000055841 00000 n Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved. 2020年6月8日. 0000070250 00000 n および合計特殊出生率:2019年 わが国の都道府県別出生力に関する指標の一つとして,国勢調査年次,および1970年以降は毎年, 女性の年齢別出生率および合計特殊出生率を,研究所が算出・公表している1).今回は2019年の結果 について概説する. 合計特殊出生率 の都道府県別ランキング!(詳細データ) 以下が、合計特殊出生率 の都道府県別ランキングをわかりやすい棒グラフ形式で見える化したグラフになります!上から、合計特殊出生率が高い都道府県順に列挙されるようになっています! 0000006896 00000 n 0000056772 00000 n 0000043049 00000 n 都道府県別出生数・合計特殊出生率推移一覧 日本 日本 北海道 北海道 東北 青森県| 岩手県| 宮城県| 秋田県| 山形県| 福島県 関東 茨城県| 栃木県| 群馬県| 埼玉県| 千葉県| 東京都| 神奈川県 中部 新潟県| 富山県| 石川県| 福井県| 山梨県| 長野県| 岐阜県| 静岡県| 愛知県 近畿 三重県| 滋賀県| 京都府 0000042898 00000 n 0000048812 00000 n 全国平均は1.42ですが、トップは、沖縄県で1.89となっています。 逆に、最下位は東京都で、1.20となっています。 (※1)表の矢印をクリックすると、並び替えができます。 (※2)厚生労働省「 人口動態調査 」より作成 0000060551 00000 n