. おうちで本格イタリアン♪ ポルチーニ茸のクリームパスタ3. 今回はそんなワインとテロワールの深い関係を、詳しく解説します。, ワイン2年生向け情報サイト「WINE OPENER」によるワイン初心者向けアカウント. »ãˆä¸Šå“ã•ã‚’演出してみたくなったときに、おすすめのナイアガラワインについてご紹介します。赤や白、スパークリングやロゼといったワインとの違いや特徴と合わせてナイアガラワインの人気商品を厳選してまとめました。 ワインのおすすめ13選 赤や白などお手頃価格から高級品まで紹介 . 一口に白ワインと言っても、甘口や辛口、そしてイタリアやフランス産など本当に種類が豊富なのが現状です。ここでは、あまり白ワインに詳しくない人でも、おいしい白ワインを選ぶ時の3つのポイントと、おすすめの白ワインを16本お届けしていきます。 しかし、白ワインを美味しく飲むためのヒントは、まだまだたくさんあります!今回は、白ワインをどうしたら美味しく飲めるかご紹介します。, 白ワインと赤ワインの最大の違いといえば、液色の違いですが、これは使用するブドウの違いによるものです。, 白ワインは黄緑色の皮がついた『白ブドウ』を使い、赤ワインは黒っぽい皮がついた『黒ブドウ』を使用し、造られます。ただし、中には甲州ブドウのように、赤みがかった皮色をしたブドウで作られる白ワインもあります。, 液色に次いで大きな違いとしてあげられるのが、タンニン(ワインの渋味)の含有量です。赤ワインはタンニンを多く含み、白ワインはタンニンをわずかにしか含んでいません。, ワインのタンニンは果実の皮や種に含まれるものが由来なのですが、白ワインは果汁を絞る際に、皮や種を取り除いて製造します。一方、赤ワインは真っ黒な皮と種も一緒に果汁を絞り、発酵させるため、液色は赤く、タンニンもたっぷり含まれたワインとなります。, 白ワインと赤ワインの違いについてより詳しく知りたい方は、「いまさらだけど知っておきたい!白ワインと赤ワインの違い」をご覧ください。, 白ワインの種類を知るときに一番分かりやすいのはブドウ品種を知ることです。これだけは覚えておきたい4つのブドウ品種をご紹介します。, ・シャルドネ種 魚の蒸し物も、和風なら料理酒の登場ですが、洋風に仕上げるなら白ワインがぴったり。料理酒の代用というよりは、ワインのほうが合うメニューですね。 品種:グルナッシュ・ブラン種、マカベオ種、ヴィオニエ種、他 この記事を読めば、「種類が多くてどれを選ぶべきなのか迷う」「料理とワインの組み合わせ方がわからない」という悩みも解決しますよ。おすすめのワインも厳選していますので、ワイン選びの参考にしてください。, ワインは、合わせる食材によって味わいや楽しみ方が変わります。「マリアージュ(結婚)」という表現が使われるほど、奥が深いお酒なのです。 そしてこのテロワールがワインの味わいのほとんどを決定すると言っても過言ではないのです。 ピを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。 「肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン」はもはや常識。でも、なぜ「赤ワイン」は肉料理と相性がいいのでしょうか? その理由がわかれば、いつもの肉料理が何倍もおいしくなること間違いなし! 日本ならではのブドウ品種で、山梨県産が特に有名です。近年、国際的な注目が高まり日本国内でも人気急上昇中。皮はグレーがかった薄いピンク色をしており、香りはかんきつ系の爽やかなものです。, ワインに使用されるブドウ品種について、もっと詳しく知りたい方は「ワイン通なら知っておきたい!代表的なブドウ品種をご紹介」をご覧ください♪, 星の数ほどある白ワインですが、何を基準に選んだらいいでしょうか。選び方にはコツがあります。, ・料理に合わせる 100円均一ショップから高級ワイン専用ブランドまで、至るところでワイングラスを買えますが、とにかくおすすめなのは「薄めのグラスを使うこと」です。, あまり厚手であるとワインの繊細な味が分かりにくくなります。また赤ワイン用のグラスより小ぶりのものが良いでしょう。温度で味が変わりやすいので、小さめでこまめに冷えた白ワインを飲むことができます。, 白ワインにおすすめのおつまみについては、「白ワインにおすすめのおつまみ多数紹介!自分の口に合うのはどれ?」で紹介しているので、ぜひチャレンジしてはいかがでしょうか?, 土壌、気候、産地、醸造方法など、ワインの味わいを決める要素は複数あります。料理と合わせて楽しみたいときに困るのが、「どのワインを選べばこの料理に合うのか?」ではないでしょうか。, ここでは、ワインと料理をマッチさせる方法の1つである『ブドウ品種』を目安に料理の系統を選ぶコツをご紹介します!, 白ワインの定番といえるシャルドネ種は、生産地や醸造方法によって、味わいや印象が大きく変わる面白味を持った品種です。, 白ワインを代表する品種なだけあり、様々な料理と合わせることができます。ここでは豆の甘さにコクのあるチーズをたっぷり添えたグリーンサラダをご紹介します。, 栄養満点のそら豆を使ったエメラルドサラダなら、白ワインの風味を味わいたいときにおすすめのレシピです。, さわやかでどこか青々しささえ感じるソーヴィニヨン・ブラン種。そのさわやかな味わいと香りは、シーフードサラダや素材の味と香りを大事にするお料理にぴったり。, エメラルドサラダのレシピは「ワーママなつのおすすめレシピ第十九弾!爽やかなグリーンのそら豆と白ワインで初夏を楽しもう!」で詳しくご紹介しています♪, https://www.sapporobeer.jp/feature/recipe/0000001428/ 年間1,500種類以上ワインを飲むソムリエが厳選するおすすめの白ワインです。予算別にピックアップしているので、用途に合わせてお選びいただけます。白ワインの種類、選び方のコツもあわせて解説します。 ュバンク[Fish Bank TOKYO]」は、都心の夜景を一望する高層ビルの41階「Fish Bank TOKYO」の特別席で、宝石のように美しいフレンチ … メイソンジャーで白ワインサングリア第二弾を作りました♩ . 味わい:辛口, 軽やかでバランスの良い味わいが魅力の、やや辛口に仕上がった白ワインです。フランスでは新興ワイン生産地にあたるガスコーニュ地方のワイナリーで生産され、フルーティーな香りとミネラル感があります。, タリケのワインについては、「ガスコーニュの革命児ドメーヌ・タリケの歴史と受賞がすごい!」で詳しくご紹介しています。, シャブリの代名詞とも言える華やかな香りと緑がかった黄金色が魅力です。すっきりとした口当たりを演出するキレのある味わいと、エレガントなニュアンスが口内いっぱいに広がります。牡蠣や魚を使った料理とよく合います。, ・テヌータ・カレッタ カイエガ ロエロ アルネイス(参考小売価格:税抜2,408円), 和食派の方におすすめしたい白ワインが、こちらのテヌータ・カレッタ カイエガ ロエロ アルネイスです。やや辛口の味わいは洋梨や白桃を思わせる濃厚な香りと合わさり、複雑ながら絶妙なバランスに仕上がっています。, 産地:イタリア ピからアレンジ料理までいろいろな味付けや調理法をランキング形式でご覧いただけます。 白ワインならこんなタイプ! スッキリとした味わいの白ワインは和食全般とよく合います。中でもおでんは特に脂分の少ない料理ですので、熟成されたリッチなタイプより、軽やかで果実味と酸味の調和がとれているタイプがおすすめです。 "),d=t;a[0]in d||!d.execScript||d.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===c?d[e]?d=d[e]:d=d[e]={}:d[e]=c};function v(b){var c=b.length;if(0, ワインオープナーHOME » 【おすすめ白ワイン20選】透明な色にくぎづけ。白ワインの洗練された魅力に迫る!, 白ワインを美味しく飲むためには、何に気を付ければいいでしょうか。「冷やして飲む」「魚料理に合わせる」などは、どこかで聞いたことがあるかもしれません。 い個性は持ち合わせないニュートラルなブドウといわれる。しかし産地や造り手などによって味わいは大きく変化し、高級ワインからテーブルワインまで幅広いワインを生み出している。 土壌、気候、産地、醸造方法など、ワインの味わいを決める要素は複数あります。料理と合わせて楽しみたいときに困るのが、「どのワインを選べばこの料理に合うのか?」ではないでしょうか。 ここでは、ワインと料理をマッチさせる方法の1 ("naturalWidth"in a&&"naturalHeight"in a))return{};for(var d=0;a=c[d];++d){var e=a.getAttribute("data-pagespeed-url-hash");e&&(! ●コクのある辛口白ワイン 10~14℃, おすすめの冷やし方は、氷水を入れたワインクーラーにボトルの首まで漬け込むことです。冷やす時間の目安としては「1分で1度下がる」と覚えましょう。, 25℃の部屋で10℃まで下げたければ、待ち時間は約15分です。もちろん冷蔵庫で冷やしても大丈夫ですが、ワインクーラーを使うと分かりやすいのでおすすめです。, ・グラスを変えてみる どんな料理との相性が良いおすすめ白ワインです。 しっかりとした旨味が感じられ、重量感のある飲みごたえが特徴です。 飲みごたえのあるワインが好きな方におすすめです。 禁断のおいしさ!豚バラミルフィーユトマト鍋2. 自分の好みの白ワインを見つけて友達と語り合ったり、自分だけのおいしい飲み方を見つけるのもまた、素敵なワインの楽しみ方ですね。, ワイン通と呼ばれるようになるためには、ワインに用いられる主要なブドウ品種は知っておきたいところ。白ワインに使われるシャルドネ種のように世界各地で栽培され、それぞれ固有の特長を出している品種もあれば、一部の地域でしか栽培されない品種もあります。 代表的な産地はドイツ、オーストリア、オーストラリアです。比較的涼しい地域で造られます。リンゴのような爽やかな香りがあり、甘口から辛口までバリエーションが豊かに造られています。, ・甲州種 ここではケルナー種の特長とともに、おすすめのワインも紹介します。, ワインが好きな方であれば「シュール・リー」というワイン用語を一度は耳にしたことがあるかもしれません。しかし、シュール・リーとは何かと質問されて答えることは難しいのではないでしょうか。 ワインはそれだけでも楽しめるものですが、ワインに合うおつまみがあれば、そのおいしさは二倍にも三倍にもなりますよ! Copyright © ワインオープナー. 白ワインに魚というのも間違いではありませんが、素材よりも重要なポイントがあります。それは、ワインと料理の味の仲間探しをすることです。, 素材が魚といっても「カルパッチョ」と「バターソースのかかったソテー」とでは料理の味は全く違ったものです。, カルパッチョに酸味の効いたバルサミコソースがかかっていれば、酸味の効いた爽やか系白ワインを。バターソースの料理であればナッツやバターを思わせるようなこってり系白ワインを合わせてみましょう。, ・甘口、辛口を基準で考える (e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;d