幼馴染と付き合うことになった 年明けの挨拶しにいきながら告白してきたよ 02

36: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:40:29.35 ID:uT0zXj9u0

おれたちはその日は家に帰った。
車内の空気は尋常じゃないほど重たかった
あんなに泣いてる架純を初めて見たし、架純の父さんが亡くなったことにもすごいショックを受けてた

家についても眠れなくて、明日学校休もうかと思ったけどそういうわけにもいかず
重たい体にムチ打って登校した。
隣の家はまだ明かりがついていない。
まだ病院にいるのだろう

その日は一日中気分が重かった。
部活にも身が入らなかったので早退した

家に帰ったら隣の家に明かりが付いていた。
あぁ、帰ってきたんだな。と思いながら自宅に入り2階の自分の部屋に入り電気をつけると
おれのベットで架純が寝ていた

37: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:40:40.22 ID:TiQFzMqq0
おめでとう!
最高だな

39: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:41:40.04 ID:uT0zXj9u0
>>37
そこまでの過程がくそ辛かったけどな…

40: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:45:43.01 ID:WRjg0pu30
幼馴染って帰ったら家にいたとかよく出てくるけどそんなもんなの?

42: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:47:35.27 ID:kEY3Cvc60
>>40
その時が初めてだったけど先にも後にもそれっきりです

41: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:46:47.17 ID:kEY3Cvc60

なんでおれのベットに架純がいるのかわからなかったけど、
毛布をかけてやってふと顔をみると涙の後が見えた。
泣いてたんだなって思いながら机で課題をこなしていた

夜の11時頃になると架純が起きてきた。
どうしておれの部屋にいるの?って聞いたら部屋に一人だと悲しくなっちゃうからおれ君が来るまでおれ君の部屋で待ってようと思った!って可愛らしいことを言ってた

その時の架純はすごい元気に見せてるように思った。
空元気ってやつ?必死に悲しさを隠そうとしていた
そんな架純をみていられなくて
無理しなくていいんだよ?おれのこともっと頼っていいんだよ?って言ったら
ダムが決壊したかのようにブッワーって大声だしながら泣いてた。
それには流石に焦って隣で背中さすることしかできなかったなw

しばらくして落ち着いたら疲れたみたいでそのまま寝ちゃって、おれは仕方ないからリビングのソファで寝た。

43: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:49:17.32 ID:9/GeJTIR0
楽しみにしてる

46: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:52:11.70 ID:y3y/CXoF0
>>43
遅いけどごめんね(´;ω;`)

44: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:51:14.47 ID:4PGbJlH60

お前らさ、考えたことない?
なんで俺には幼馴染がいないんだよって…
こういうスレを見るたびに思う

幼馴染って伝説の生き物じゃなかったのかよ

47: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:53:10.64 ID:y3y/CXoF0
>>44
これはおれの母さんと架純の母さんが親友でいてくれたおかげやで…

55: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:06:44.09 ID:WRjg0pu30
>>44
幼馴染って想像上の生き物と思ってる

58: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:14:59.61 ID:iXpmfYEe0
>>55
お前らも人体錬成すればええんやで!b

45: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:51:38.20 ID:y3y/CXoF0

朝起きるとちょうどいつもの自分が起きる時間だった。
架純の様子を見に行ったらまだ寝てたから
横に腰掛けて寝顔を見てた
その時に、なんだこいつ可愛いじゃん。
って初めて思った

その時にそんなことを思って”しまった”

それから架純と顔を合わせると凄いドキドキするようになってしまった
今までこれっぽっちもそんなことはなかったのに急に意識してしまうようになった

あれ?架純ってもしかしてどの女子よりも可愛いんじゃないのか…??
完全に架純に取り込まれた。

48: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:53:41.42 ID:4XGVvYP40
何か実話とは思えないようなドラマチックな展開だな(´・ω・`)
けっこう引き込まれる展開だから「転載禁止」にしとかないと拡散するぞw

51: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:00:27.99 ID:w5JmOqD00
>>48
事実は小説よりも奇なりっていうだろ!
ちょっと違うかもしれないけどノンフィクションです

49: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:56:19.45 ID:Lr7flt31P
中学の時に良く幼なじみ姉妹遊びに来てたな。 野球応援に行っていい?って言われて恥ずかしくて断った懐かしい青春...
今では立派な妖精予備軍です

52: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:01:13.14 ID:w5JmOqD00
>>49
おれもまだ童帝だし恥じることはないぞ兄弟( `・ω・´)

50: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 02:59:29.44 ID:w5JmOqD00

そんなこんなで架純の父さんのお葬式も終わりひと段落ついた時から架純も学校に通い始めた。
最初のあたりはおれも大丈夫か不安だったのでいつもより早く家を出て架純と一緒に登校してた。

その時から学校の人に彼女かわいいね!って言われるようになったけど彼女じゃないよ!!って必死に否定するもまんざらじゃなかった。

架純が学校に通い始めたと同時にまた一緒に下校するのも始まった。
帰り道。そう、救急車を見たあの曲がり角にさしかかった時にあの日のことを思い出してしまう。
そう思ってるのは俺だけじゃなかったらしく
明らかに架純の足取りも重くなっている
そんな架純をただ見ているだけしかできない自分が悔しくて
勇気を出して架純の手をにぎった。
架純は驚いてたけど、小声でありがとう。とだけ言って一緒に曲がり角をまがった。

なんてことはなかった
ただただおれが勇気を少し出しただけで架純を支えることができるのだ。
そのことに気がつきおれは架純を影ながら支える覚悟をした。

53: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:03:23.04 ID:w5JmOqD00

それから1年間おれは架純を支えることに尽力した。

そして、あの日
いつものように架純の学校まで迎えに行った時に校門の前で架純を見つけた。
いつもと違う。
何が違うって架純の隣におれの知らない男が一緒にいるってことだ。

54: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:05:00.51 ID:iMqsxIU30
きになるきになる

57: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:13:33.08 ID:iXpmfYEe0
>>54
ゆっくりでごめんな(´;ω;`)

61: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:20:22.83 ID:iMqsxIU30
>>57
ゆっくり感情込めてかきー

66: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:23:43.66 ID:AdO3QUu30
>>61
ありがとう(´;ω;`)みんな優しすぎ

56: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:12:38.17 ID:iXpmfYEe0

その時にすごい心拍数が上がったことを覚えてる。
そんな、架純に彼氏なんてできるわけないって心の何処かで思ってた。
頭の中で架純だって高校生だし彼氏くらい…今までだっておれが余計なことしてただけなんだよな。
そう言い聞かせながらも本心では認めたくなかって。

その日は架純に用事があるから先に帰っててってメールをした。
終わるまで待つよ?って返信が来たけどその気遣いがもっと辛かった。
大丈夫。先に帰っててとだけ送って遠回りをしてその日は帰った。

家に着いてからは落ち着くわけもなく
意味もなく筋トレ始めたり途中放棄してたゲームを再開してみたりしてて。

と、窓から人の声が聞こえた。
聞いたことのある声。

架純の声だ。
誰かと話してる
気になって窓から外を覗いてみると楽しそに歩く架純の隣に知らない男。
一緒に帰ってきたのだろう

俺の心は一発でやられた。
あの男がいる場所は、あの場所はずっとおれがいる場所だとばかり勘違いしてた

そんな考えを持っていた自分が情けなかった。
架純を支えることを口実に自分の居場所を勝手に作り上げてたのだ
滑稽だな。と自傷し燃え尽きたままお風呂に入ってその日は終わり。

次の日、朝起きてみると携帯に一件のメールが。
架純からである。
今日の放課後相談したいことがあるから
一緒に帰ろうね?
嫌な予感しかしない。
どう返そうか迷ったがここで引いたらもっとダメな気がして。
了解。とだけ返信をして
別々に登校した

64: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:22:41.11 ID:AdO3QUu30
>>59
その子にお正月告白するんやろ?スレ立てたのしみにしてるぜ!
高見盛に告白した結果wwwwww
待ってるよ。

72: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:42:20.98 ID:Rn8FVM170
>>67
高見盛でも架純ちゃんは可愛いんだい!

80: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 04:03:43.03 ID:Qw1G8O350
>>77
その高見盛を幸せにしてやれるのは君しかいないんだぜ!

60: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:19:53.58 ID:542unyuoi
今僕胸がキュンキュンしてるわ

65: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:23:13.47 ID:AdO3QUu30
>>60
ときめかせちゃうぞ☆

98: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 10:37:26.31 ID:542unyuoi
>>65
むっちゃときめいたわ!
かすみん幸せにしてやれよ!

63: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:21:35.03 ID:AdO3QUu30

学校についてもずっと放課後のことばかり気にしていた。
正直、放課後がきてほしくなかった

そういうわけにもいかずやってきた放課後

逃げ出そうと思ったこともあるけど
そういうわけにも行かず重い足取りで架純の学校へ向かった。

校門の前ではいつものように架純がいた。
帰ろっか。そう言って歩き出す架純

おれは喋らない、喋れない
2人とも無言で歩いている
ふいに架純が、あのね。私クラスの男の子に告白されたんだけど、どうしたらいいと思う??

おれはもう死んでやろうかと思った。
しかし、この状況はおれが中学校の頃に架純にまったく同じ質問をした時と同じである。

その時架純はなんていってくれたか?
そう思いながら必死に架純が付き合いたいならいいんじゃないか?とだけ伝えた。

そしたら架純が
じゃあやっばり…
その後の言葉は聞きたくなかった
しかし、その後に俺の心をズタボロにする賞げの言葉が発せられる

じゃあやっばり…断る。
私、好きな人いるんだ。

73: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:43:08.47 ID:Rn8FVM170
>>68
お前らは特別すぎるってよく言われる

75: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:43:40.28 ID:Rn8FVM170
>>69
スレ立て始めてでっす!

70: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:38:01.36 ID:YfepkG840
彼女にならなくても異性の幼馴染がいるだけで楽しいだろうな

76: 名も無き被検体774号+ 2014/01/02(木) 03:44:12.56 ID:Rn8FVM170
>>70
可愛ければ勝ち組だけどな

幼馴染と付き合うことになった

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で